【AviUtl】『TA16文字まで自由配置』を修正。TA個別文字枠との連携を強化【Script】

201710170001.mp4_snapshot_00.06

『TA16文字まで自由配置』の表示を修正して、TA個別文字枠と連携しやすくしました。

ちなみにTA16文字まで自由配置はアンカーを利用して、16文字までの文字を画面内で自由に手動配置できるアニメーション効果です。L字型にしたりS字にしたり不規則に散らしたりできます。

主にタイトル等での利用を想定しており、文字毎に個別オブジェクト対応なので、登場退場系のTAとの相性もそれなりにあります。

16文字まで自由配置の使い方や詳細版について

201710170001.mp4_snapshot_00.45

※ 過去記事のDLリンクも更新してあるので、どこからファイルをDLしてもOKです。

    【AviUtl】『音声に合わせてクチパク』のβ版を配布!【Script】

    WS2017KM000059

    以前、配布した『音声に合わせてクチパク(α版)』のβ版です。同一フレーム上の音声ファイルから音を拾ってきて、一定音量を超えたものに反応してクチパク(連番画像を繰返読込)します

    β版では無駄な機能を省き、多少なりとも使いやすいように設定項目を精査、無音時の口の閉じ方も選択できるようにしたので、α版よりは使いやすいかと思います。

    ※ 使用するクチパク用の連番画像がないときは、上のα版のリンク先にサンプル用のクチパク画像が用意されているので、それを保存して使ってみてください。

    【Blender】壁に掛けられたタオルの自然なヨレとフワフワとした質感を出す解説動画

    壁に掛けられたタオルのヨレとフワフワとした質感を出すための解説動画です。壁に掛けられたタイルの形状は、カーテン等と同様にシミュレーションによって作成されています。

    フワフワとした質感に関しては、ノード設定によって着色した後、パーティクルを発生させることによってタオルのフワフワとした立体感、質感を作成しています。

    パーティクルというと、髪にしたり葉っぱにしたり水滴にしたり……と色々な使い道がありますが、タオルのすべすべとした面に粒を纏わりつかせることによって立体的かつ柔らかさを表現するというのは意識したことがなかったので参考になりました。

     
    PowerColor Radeon RX Vega 8 gbhbm2 – 3dh

    Gigabyte gv-rxvega64sil-8gd-b AMD Radeon RX Vega 64シルバー8G

    【AviUtl】オブジェクト断片化を配布!【Script】

    WS2017KM000049

    オブジェクト断片化は、各オブジェクトをXYで指定した数に分割し、XY方向にランダムにずらして断片化させるスクリプト。動画や画像だけでなく、テキストなどにも使用可能。

    テキストは文字ごとではなく追加したオブジェクト全体を指定数に分割して断片化させたほうが使いやすいかも……。また、指定速度でランダム値を変えて、ランダム値を変更可能。

    WS2017KM000051 WS2017KM000050

    【Coffee Lake】日本は11月23日辺り? 米で第8世代CPUが本日発売【CPU】

    WS2017KM000058

    AMDのRyzenの突き上げによって、10年ぶりにコア数の増加が行われるIntelの第八世代CPU(Coffee Lake)が米国で本日発売になります。第八世代のCPUは、第七世代のCPU(今年1月に発売されたKabylake)に比べて50%近い性能のアップを謳っており、非常に期待の寄せられるものになっています。

    とはいえ、MBの問題(Z270の在庫処分、Z370の生産など?)で日本を含めた各国では発売が11月以降に伸びているので、海外から輸入でもしない限り暫く待つことになりそうでうです。(´;ω;`)ブワッ

    この記事の感じだと、Coffee Lakeの発売日も11/23辺りでしょうかね。CPUの発売後にMBを出すよりもその前か同日に出すでしょうから。一応、第4四半期中には出るはず。

    Coffee Lake世代のCPUの各性能

    • Core i7-8700K:3.7/4.7GHz,6C12T
    • Core i7-8700:3.2/4.6GHz,6C12T
    • Core i5-8600K:3.6/4.3GHz,6C6T
    • Core i5-8400:2.8/4.0GHz,6C6T
    • Core i3-8350K:4.0GHz,4C4T
    • Core i3-8100:3.6GHz,4C4T

    サポートされているメモリはDDR4-2666で、グラフィック性能(4Kビデオの編集処理性能)も32%程度アップしているようです。LGA1151を採用してますが、前世代のもの(Z270など)との互換性はなし。Z370のMBやIntel300シリーズの新しいチップセットが必要になります。

    また、K付きモデルのCPUクーラーは別売りのようで、別途CPUクーラーが必要になります。

    ちなみに発売当初はご祝儀価格で8700Kは40K超え(44Kくらい?)してくるかと思われますが、対抗馬のRyzen 1700が現在36K程度なので、価格競争によって半年から1年程度(比較的早く?)で同価格帯にまで下落するのではないかと予想しています。

    DDR4メモリの高騰について

    Coffee Lakeの発売と連動して(恐らく需要が高まっている)、相変わらず供給量の少ないDDR4メモリが高騰傾向にあります。一年くらい前の値段と比べると2倍近い値段に跳ね上がっており、下落する気配があまり感じられません。

    Coffee Lakeで一台組むにしても、CPUやMBの発売までまだ時間があるので、それまでに特価のメモリ(DDR4-2666以上のもの)を見つけたらそのときに買ってしまうのが吉(CPUやMBが発売になると余計に需要が高まって値上がりする可能性がある)かもしれません。