Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【Deshaker】手抜き動画【Youtube】

Edit Category VirtualDub Deshaker

Deshakerの手ぶれ補正効果の比較動画(手抜き動画)をYoutubeにアップした。

最初はタイトルクレジットをAviutlで作ろうとしていたんだけど……どうしてこうなった? しかも、久々にログインしたらまた仕様が変わったっぽいし……。

 

スポンサーサイト

【Deshaker】Ver 3.0リリース 手振れ補正プラグイン【Virtualdub】

Edit Category VirtualDub Deshaker

20110819090542 Deshaker - video stabilizer

撮影後の動画のブレ(手振れ)を補正できるDeshakerのVer3.0がリリースされていました。リンク先の下部にあるリリースノートを見ると、新バージョンになって結構、改良された感じ。

保存済みの設定ファイルに関しては新たに作成しなおす必要があり、以前のものを使うと、新しい機能が利用できないみたいなので注意が必要。

ちなみにちょろっと使った感じだけど、以前に比べて処理が速くなっているような……?とりあえず短い動画で色々と設定を試して、自分の撮影に適した設定を状況に合わせて幾つか作っておくのが吉。

 

 

【Deshaker】補正処理が重い場合には……【Virtualdub】

Edit Category VirtualDub Deshaker

撮影後の動画に「手ぶれ補正」の掛けられるDeshakerだけど、その処理はやっぱり重い。こんなに時間が掛かるなら、わざわざ補正することもないか、と考えてしまうこともナキニシモアラズ・・・。

そんなときに試してみるといいのが、

  1. 処理する動画を事前に小さくする。
    例えばFullHD→HD(1920*1080→1280*720)、HD→SD(1280*720→640*360)のような感じに。あるいは、補正を掛ける部分だけ動画を切り抜いてやる。20分の動画ならば補正が必要と感じた5分なら5分だけを切り抜き、補正を掛ける。
  2. VirtualdubのResizeフィルタを併用して、解析するデータを小さくしてやる。
    そのときはDeshakerのフィルタよりもResizeフィルタを上位に置いて1.のFullHD→HD、HD→SDのような感じに。
  3. Deshakerの『Pass1』の『Scale』と『Use Pixels』の設定を『Fastest』にしてやる。

 

以下の画像は、3.の『Pass1』の『Scale』と『Use Pixels』の設定を『Fastest』にしてやったもの。

これで結構、補正処理が軽くなる。画質や補正能力は多少落ちているかもしれないけど、明らかに無理というほどには落ちないので、試してみる価値はあり。ただし、処理する動画による。

 

 

 

ちなみに『Pass2』の『Extra Zoom Factor』はカメラのZoom機能みたいなもの。数値を「2」にすれば2倍のズーム、「10」にすれば10倍のズーム。つまり映像が拡大されて出力される。

「0.9」にすれば0.9倍のズーム、「0.5」にすれば0.5倍のズーム。つまり映像が縮小されて出力される。そのとき、過去(前後のFlame)のフレームが何もない状態ならば黒枠が生じ、フレームがあればそれが補間される。ただし、綺麗には補間されず長方形の映像が崩れた感じになる。

 

関連リンク

 

 

 

【Deshaker】二度目以降の補正作業を時間短縮する【Tips】

Edit Category VirtualDub Deshaker

DeshakerのちょっとしたTips……のようなものを。

WS000087

二度目以降の補正作業を時間短縮する方法

Deshakerの作業は、

  1. 『Pass1の設定』
  2. 『Pass1の設定での解析作業』
  3. 『Pass2の設定』
  4. 『Pass1の解析結果を下に、Pass2の設定でエンコード(Aviファイルの書き出し)』

という流れ。

で、『Pass1の解析結果』は 2 が終わり次第、Logファイルとして、指定したフォルダに基本的には『Deshaker.log』として出力される。そして、指定しなければ毎度、『Pass1の解析作業』が終了するごとに上書きされる。

そこで、この『Deshaker.log』を『hogehoge(任意。分かりやすく動画ファイル名がいいかも).log』として指定し、個別に保存しておく。そうしておくことで、一度『Pass1の解析作業』を実行したものに関しては、二度目以降は『Pass1の解析作業』をする必要がなくなる。

Deshakerの設定値は動画ごとに変更する必要があるので、適切な設定値を出す試行錯誤だけでもえらい時間を要するが、この方法を用いると『Pass2の設定』(つまり1~4の流れのうちの3)から作業を開始することができ、手ぶれ補正に掛ける時間を短縮することができるようになる。

ただし、注意点はこの方法だと、Deshakerの『共通設定』や『Pass1の設定』の各項目は最初に指定した状態(設定値)を保持することになること。

流れ

一度目の作業

  1. 共通設定で、作業する動画ごとにログファイルを任意のフォルダに保存する。
    (Deshaker.log → hogehoge.logとして保存。hogehogeは任意。自分がどのログがどの動画ファイルに対応するかわかるように)
  2. Pass1を設定し、解析を実行する。
    (ログファイルが任意のフォルダに出力される)
  3. Pass2を設定し、補正された動画を出力する。
  4. 出力された動画を確認する。
    (補正状態が気に入れば作業終了。気に入らなければ再度Pass2を設定し直し、新たな動画を出力する)

 

二度目以降の作業

  1. 共通設定で、手ぶれ補正をかける動画に対応したログファイルを指定する。
  2. Pass2を設定し、補正された動画を出力する。
  3. 出力された動画を確認する。
    (補正状態が気に入れば作業終了。気に入らなければ 2 に戻り、Pass2を再設定して新たな動画を出力する)

 

……Pass2をどれほど再設定しても気に入った状態にならない場合

  1. 一度目の作業に戻り、共通設定やPass1の設定値を変更する。
  2. 以下、一度目の作業と二度目の作業の繰り返し……。

 

おまけ その他のTips

『ファイル』→『処理設定の保存』で、使用するフィルターを登録しておくと、手間が省ける。下の画像はその一例。

20110423054047

ちなみにフィルターの順番に注意。この状態は『処理の速さ』>>>『出力される画質』の設定。この関係を逆転させて、『出力された画質』>>>『処理の速さ』にする場合は、

20110423054425

こんな感じにしている。

ちなみに動画が60Pや30Pのようなインターレースを解除する必要がないもののときは、deinterlaceフィルタは要らない。また、後者においてDeshaker(Pass2)で出力する動画のリサイズを行うのであれば、resizeフィルタも要らない。

ただし、前者ではDeshakerの解析時の入力データ量を抑えるためにresizeフィルタが必須。

 

あと、中途半端な画像サイズ(960*544 50%)に指定しているのは編集したりMediacoderで再圧縮したりするから。いきなり(640*360 33.33%)で出力するよりもやや大きめの(960*544 50%)で出力し、最後に(960*544 50%)→(640*360 33.33%)にしたほうが綺麗な動画になるような気がする。

まあ、resizeフィルタを使わずに(1920*1080 100%)は(1920*1080 100%)のままDeshakerで解析して、(1920*1080 100%)のまま出力。その後、編集時や再圧縮時にリサイズしたほうが綺麗なのは確かなんだけど……。

 

これを買えば、たぶん余程のことがない限りDeshakerの出番はなくなる……はず。ぐぬぬ……。

【VirtualDub】AVIファイル以外の読込【プラグイン】

Edit Category VirtualDub Deshaker

20110226011254

編集加工前に「MP4 → AVI」とか「M2ts → AVI」とか正直、面倒臭いという人にオススメなのが、VirtualDubでAVI以外の動画ファイルが読み込み可能になるプラグインの導入です。

WMVが読み込める、FLVが読み込める、MP4が読み込める、M2TSが読み込める……などなど導入するプラグインによって様々な効果を受けられるので、『VirtualDub 読み込み 読み込ませたいファイルの拡張子(← MP4やM2TS等)』というキーワードでネット検索をかけてみると幸せになれるかも……たぶん。

ちなみにΨ(`∀´)Ψケケケのオススメは下記のプラグイン。ffdshowや各種スプリッタ等のが揃っていれば色々と読み込めるはず。

 

VirtualDubでAVI以外の動画ファイルを読み込むプラグイン

上記のプラグインをDLし、解凍後に『VirtualDub』内にある『Plugins』フォルダに『DShowInputDriver.vdplugin』等のvdplugin形式のファイルをコピーする。

AVIファイル以外の動画ファイルを読み込ませるときは、VirtualDubにドラッグ&ドロップするか、『ファイル』→『ビデオファイルを開く』で、『拡張子』を『All Type(*.*)』にしてファイルを選択する。

 

その他、雑記

Deshakerの処理に思案中。

オリジナルの動画ファイルを使うと、HD動画はやはり高ビットレートの高解像度で一連の処理がどうしても重くなる。ただし、この出力した動画を再エンコして、動画投稿サイトに投稿できる規格(リサイズ&低ビットレート)にすると、Deshakerの処理後に見られるざらつきが少なくなる。

一方、オリジナルの動画ファイルを最初にリサイズ&低ビットレートに変換した後、Deshakerによる処理を施すと、ざらつきは目立つが、処理は驚くほど早くなる。

どちらも一長一短という感じ。動画の用途によって選択する必要あり?

 

結局はDeshakerが必要にならないような撮影がベストということ。niconico動画にあるように585-1を改造するのが一番安上がりで、効果的かも……。

 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
連絡事項:配布中のAviUtl用のZIPファイルがDLできない件
どうもzipを置いていたサイトを単なるファイル置き場にしてしまったのが悪かったようで、直接ブログからダウンロードできなくなってしまったようです。 ファイルを保存していた『ultramarinepig.web.fc2.com』の

トップページ(リンク)

に各DLLへのリンクを貼ったリストを作りましたので、ブログのDLの項目からダウンロードできない場合はそちらからダウンロードしてください。

ファイル名はブログのDLリンクに表示されるものと同じですので、それを選択してもらえれば……お手数ですが、よろしくお願いします。m(_ _)m
 
オススメ

Amazonで荒川 弘の銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。荒川 弘作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。銀の匙 Silver Spoon 14



ASUS ZenFone3 SIMフリースマートフォン (ゴールド/5.2インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/3GB/32GB/DSDS & au VoLTE対応)ZE520KL-GD32S3/Aほか家電&カメラ, が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。ASUS ZenFone3 SIMフリースマートフォン (ゴールド/5.2インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/3GB/32GB/DSDS & au VoLTE対応)














 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017夏(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須であること。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS