Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【2017年夏】10万、15万円で組むコスパの良いRyzen PC【動画編集や3DCG向け】

Edit Category PCパーツ&関連機器&ガジェット

20170622164246
Thermaltake - Japan - The Tower 900 - CA-1H1-00F1WN-00

Ryzenの登場によってAMDが逆襲を開始し、窮地に立たされたINTELがCore i9シリーズを発表。そこにAMDが……を対抗馬としてぶつけてきた……というのがCPU界隈の現在。

ちなみに最近INTELとAMD双方から発表された話題のCPUはどちらもハイエンドCPUやサーバ向けなので、これは高性能だけれども、まだまだヘビーユーザーでもなければちょっと手の出しにくいお値段(MB等もお高くなる!)。

なので、ミドルエンドユーザーのメインターゲットとなるCPUは相も変わらずINTELならばCore i7やi5シリーズだし、AMDならばRyzen7や5といった感じ。個人的には、CPU以外(MB)のコスパを考慮に入れて、AMDのRyzen7 1700か、Ryzen5 1600辺りで組むのがオススメ

 

ちなみにこれまで通りに想定している使用環境は動画編集や3DCG向けのコスパに優れたもの。ゲームはまだIntelのCore i7やi5のほうが向いているけれど、余程のハイスペックを要求するゲームの、それも最高品質でプレイするというのでなければ、Ryzenで特に問題なし。

ちなみにゲーム目的で複数のNvidia系のGPUを挿してSLIをするのであれば、MBはハイエンドのX370が必要なのでそこだけは注意。

スポンサーサイト
Community テーマ - 自作パソコン  ジャンル - コンピュータ

【M.2】SSD高騰で価格差のなくなってきたM.2 SSDからコスパの良さそうなものをピックアップ【SSD】

Edit Category PCパーツ&関連機器&ガジェット

20170614175316WD Black PCIe SSD | Western Digital(WD)

 

SSDが高騰したまま値下がりする気配もなく、2.5インチタイプの通常のSSDと割高だったM.2 SSDとの価格差がなくなってきているので、コスパの良さそうなM.2 SSDをピックアップしてみました。

ピックアップしたのは最も需要がありそうな2280(長さ)の250GB前後の容量のもので、読書速度が通常のものとそう変わらないものは1万円強、読書速度が高速のものは1.5万円以上といった感じでした。

ちなみにお金に余裕があるのであればハイパフォーマンスのもの一択で良いかと思いますが、どちらを買うにせよ、別途ヒートシンク(記事下部にサンプル表示)は買ったほうが良いかと思われます。

これから夏場を迎えることもありますし、M.2の排熱については各所で言われている通り、何らかの手助け(ヒートシンクをつけたり、ファンで風を当てたり)をしたほうが安全に運用できるので……。

Community テーマ - 自作パソコン  ジャンル - コンピュータ

【CPU】ハイエンドCPUが発表されるも、一般ユーザーのメインターゲットはRyzen 7やCore i7以下っぽい【自作PC】

Edit Category PCパーツ&関連機器&ガジェット
20170601234716 20170601234908

先日、IntelとAMD双方がハイエンドCPUを発表しました。

最近のRyzen人気に対抗するようにIntelが多コアCPU、『Core Xシリーズ』を投入し、更にそのIntelに対抗するようにAMDもRyzenシリーズのハイエンド版である『Ryzen Threadripper』を発表しています。

今回はハイエンドクラスのみですが、この競争がCore i7やRyzen 7以下に波及し、CPUのコア数増加と性能アップ、低価格化に繋がってくれることを願います。( ^ω^ )ニコニコ

ちなみに下に今回発表になったCPUの簡単な金額(ドルベース)とコア数、動作クロックを載せていますが、見た感じで分かる通り、コア数アップとそれによる性能アップは望めそうですが、低価格化は微妙な感じです。

なので、一般ユーザーが今後しばらく買うことになるのは、これまで通りにCore i7かRyzen 7以下のクラスになるのではないかと思われます。ちょっと(´・ω・`)ガッカリ・・・。

Community テーマ - 自作パソコン  ジャンル - コンピュータ

【AMDの攻勢続く春】Ryzen 5が4/11の夜から販売開始。MBの品薄化か?【仕様と値段】

Edit Category PCパーツ&関連機器&ガジェット

20170404064204 
AMD Ryzen™ | AMD

いよいよ4/11の夜にAMDから『Ryzen 5』が発売になるようですね。Ryzen 7は人気沸騰中で、1700番が常に品薄の状態になっていますが、『Ryzen 5』シリーズが発売になると、今度はようやく数が揃い始めていたAM4対応のマザーボードまで品薄状態になりそうです。

ちなみに今回発売される1600番台のRyzen 5は、コア数も6コア12スレッドと多く、Ryzen7ほど高価ではないので、CPUにそこそこ性能を求めながらも、CPUよりもGPUにお金をかけたい3DCGユーザーやゲーマー辺りに人気が出そうです。

よりCPU性能を必要としてないユーザーには1400番のRyzen 5辺りが人気になるでしょうか。2万円強で4コア8スレッド、OC可能(しかも、伸びが良さそう!)なCPUですから人気が出ないわけがないですね。

Ryzen 5の特徴(主な仕様と値段)

Ryzen 5 1600X Ryzen 5 1600 Ryzen 5 1500X Ryzen 5 1400
6Core/12Thread 6Core/12Thread 4Core/8Thread 4Core/8Thread
3.6GHz/4.0GHz 3.2GHz/3.6GHz 3.5GHz/3.7GHz 3.2GHz/3.4GHz
グラフィックス機能なし グラフィックス機能なし グラフィックス機能なし グラフィックス機能なし
付属クーラーなし 付属クーラーあり 付属クーラーあり 付属クーラーあり
95W TDP 65W TDP 65W TDP 65W TDP
OC可 OC可 OC可 OC可
XFRあり XFRなし? XFRあり XFRなし?
税込みで約33K 税込みで約30K 税込みで約25K 税込みで約22K

※ XFR:拡張周波数範囲。高効率の冷却機能を利用した場合の自動ブーストUP機能。
※※ グラフィックス機能なし → 別途GPUが必要。

 

Community テーマ - 自作パソコン  ジャンル - コンピュータ

【2017春】Ryzenで組むコスパの良い自作PC【自作PC】

Edit Category PCパーツ&関連機器&ガジェット

 

安心感や安定感ならばKabylake、コスパならばRyzenの今。あるいは、ネットゲームならば高クロックのKabylake、エンコードや3DCGのレンダリングならば多コアのRyzenという感じ。

また、一部でRyzen人気のせいか価格設定がおかしなことになっているけれど、1700で40000円前後、1700Xで50000円前後、1800Xで64000円前後がご祝儀相場を含んだ現在の適正価格なので要注意。間違えると、コスパの悪い自作PCになってしまう。

ちなみにRyzen関係(CPUやMB)はかなりの品薄状態が続いているので、CPUやMBの供給が再開されだすと、待っていた人が一気に集まり組み上げようとして、他のパーツまで品薄になる可能性あり。なので、一度で揃えようとはせずに目当ての他のパーツから揃えていったほうがいいかもしれない。

 

Ryzenの需要と供給のバランスが整うのを待てない人はIntelのCore i7 7700Kが無難。MBを7700Kに対応したものに変更すると、同じようにコスパの良いインテル系の自作PCになるはず。

コスパを考慮したパーツの想定予算の目安

とりあえずコスパの良さそうな自作PCを組むのに必要になりそうな予算の目安。もちろん、絶対の予算ではないので、自分の使用環境やこだわりに応じて増減可。

以下は、この程度掛ければ、そこそこの処理性能(エンコードや3DCGのレンダリング、それほど負荷のかからないゲームなどが可能)を持った自作PCが組み上がるだろうという一例。

 

  • CPU:40K前後 (Ryzen 7 1700)
  • メモリ:10~15K前後 (DDR4-2400~DDR4-3000。まだ高騰中)
  • MB:15~20K前後 (拡張性等を考慮してATX。不要であればMicroATX他でも可)
  • CPUクーラー:0K (Ryzen 7 1700付属の純正品使用)
  • GPU:15~29K前後 (GTX1050Ti~GTX1060)※
  • SSD:10K前後 (256GB~。まだ高騰中)
  • HDD:10K前後 (3TB~)
  • POWER:7~15K前後 (650W Bronze~750W Gold)
  • PC-CASE:5~12K前後程度 (入れ物~スタイリッシュ)
  • OS:15~26K程度 (Linuxの場合はOS含まずで算出)
  • 合計:112K(OS含まず)~、129K(OS含む)~ (GPU等高いものを選ぶと↑)

 

※ Ryzenはグラフィック機能のない純然たるCPUなので、GPUは必須パーツ。ここではGTX1050Tiを最低ラインにしているけれど、ゲーム等をせずに映れば良いというだけであればもっと安いGPUを選んでも可。

Community テーマ - 自作パソコン  ジャンル - コンピュータ
 
06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05 07


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
配布中のAviUtl用のZIPがDLできない件
どうもzipを置いていたサイトを単なるファイル置き場にしてしまったのが悪かったようで、直接ブログからダウンロードできなくなってしまったようです。 ファイルを保存していた『ultramarinepig.web.fc2.com』の

トップページ(リンク)

に各DLLへのリンクを貼ったリストを作りましたので、ブログのDLの項目からダウンロードできない場合はそちらからダウンロードしてください。

ファイル名はブログのDLリンクに表示されるものと同じですので、それを選択してもらえれば……お手数ですが、よろしくお願いします。m(_ _)m
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017夏(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須であること。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS