【Blender】モデリングで対象物を作りたいときに役立つ『対称化』の使い方【覚書】

20150523144617

『対称化』は指定した軸線のプラス側(マイナス側)の頂点をマイナス側(プラス側)に反映させる機能。プラスマイナスの指定はTツール内において可能で、そこでXYZ軸も指定できる。

 

上手く使いこなせれば、モデリングの時間短縮に大きくつながるし、モデリングをしている間に予期せず左右(前後、上下)のバランスが崩れてしまったときなどの補正にも使える。

対称化の作業サンプル画像

20150523141703

帽子のつばを敢えて非対称にしたもの。対象化したい部分を選択し、これに『W キー』→『対称化』を選択して対称化を行う。

 

20150523142159

『W キー』を押して表示されたメニューから『対称化』を選択すると、Tツール内に対称化のメニューが表示される。『+X → -X』の意味は、X軸のプラスの頂点をX軸のマイナス側の頂点位置に反映させるというもの。

 

20150523141724

対称化を実行した結果。斜め上から見たもの。

 

20150523142447

対称化を実行した結果。上から見たもの。綺麗に対象になっている。

 

対称化の便利な部分(あるいは、注意点)

非対称のオブジェクトに『対称化』を使うとどうなるのか……。

 

20150523142800

帽子の一部分の頂点を削除した非対称のオブジェクトに『対称化』を使用する。

↓ ↓ ↓ ↓

20150523142824

非対称のオブジェクトが対称のオブジェクトになる。

 

※ 簡単に対称化させたいときは非常に便利な機能。ただし、当然ながら非対称のものも対称化されてしまうために全体の作成の順番(まず対称の部分を作り、それから非対称の部分を作る)を間違えると、もう一度、非対称の部分を作りなおさねばならなくなるので注意が必要。

まとめ

  • 対称化を行えば、左右(前後、上下)で頂点の数を合わせる必要がないために随分と手間暇をかけずに対称のオブジェクトを作成することが可能。
  • 対称化は、作成の順番が重要になる。間違えると、手間が増える。
  • 対称化を行うときに非対称部分を残しておきたいときは、Shift+Dキーで複製するか、Vキー等で切り離した上で、対称化の選択範囲から除去しておくのが望ましい。

 

 

20150523144245 20150523144310

ちなみに一部頂点を選択しない状態で、対称化を行うと、反対側は空洞になる。
(左:対称化前、右:対称化後)

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment