【Blender】Pitchipoy Humanというメタリグ【MetaRig】

AA2015000469

新たにリリースされたBlender 2.75を使っていたら、アーマチュア(要リグのアドオン追加)で『Pitchipoy Human』というMeta-Rigが追加されていたので使ってみた。

以前のRig(今もある)との違いは、顔面(輪郭や前髪、目、鼻、口周り、耳)のボーンと胸、骨盤(臀部?)のボーンが追加されていること。

基本的な手足の長さや比率は以前の『Human』という名前のMeta-Rigと同じみたいなので、Humanを基準にして作成したオブジェクトと入れ替えも容易に行えそう。

 

20150707211442

ちなみに配置されるボーンは上の画像のような感じで、結構、ボーンが密集しているので、Ctrl+Pで自動でウェイトをつけた後は、ちょっとばかりウェイトペイントの修正が必要な感じ。

 

20150707211713

このメタリグを使用するためには、ファイル→ユーザー設定→アドオン→リギング→Rgging Rigifyにチェックを入れる必要あり。

 

最近、作ったCG

AA2015000468

このメタリグを配置して、適当に作ってみた人型の正面からのキャプチャ。一昔前のSFっぽいタイツ服なのは、服を作っている余裕とスキルがなかったから。OTZ

 

AA2015000467

ちなみに髪の毛が何気にそれっぽく見えているけど、実は全て前髪の複製(移動&回転&拡大縮小)というやっつけ作業。

 

20150707214608

髪の毛の画像と透過BSDFを使用したので、遠目だとそれほど違和感が出なかった。

 

AA2015000462

こちらは別件で、顔のテクスチャペイントをしていたときのキャプチャ。眉毛を生やすか塗るか……と考えて塗ってみることにしたところ。

ちなみにやっぱり手間が掛かっても、化粧のように肌のシミを作ってやったほうがそれっぽくなる……。

 

AA2015000461

こっちはInkscapeで新たに目と口、眉のテクスチャを作ったので、ねんどろいど風の人型に貼り付けてみたもの。

相変わらず髪の毛を作るのが苦手。自然に流れるような感じや癖っ毛の表現が難しい。ちなみにこれは球体をあれこれと弄くり、Vキーで分けて、厚み(モディファイアー)を設定したもの。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment