【メモリ】Skylakeで組むためのお値頃価格のDDR4メモリをピックアップ【自作PC】


Skylakeの発売がどうやら明日辺り(8/5(水)21時から新チップセットと新CPUを発売開始予定--ツクモ本店PCパーツ部Twitter)ということなので、Skylakeで使用されるDDR4とDDR3L(1.35V版)のうち、そこそこの値段で買えそうなDDR4メモリをピックアップしてみた。

基本的にDDR4はまだまだお高く、今回ピックアップしたものも、現在のメインストリームであるDDR3の同クロック数のものと比べると、ちょっと高め。

ちなみにSkylakeの6700Kの予想価格は5万円前後とのことなので、CPU+MB+MEMを揃えただけで、ご祝儀相場ということもあって80K前後になってしまいそう……。( ゚д゚)ドカンー

さっさとお安くな~れ~!



※追記
フラゲした人の報告が早速あがってきていますね! どうやらPen4を彷彿とさせるような爆熱仕様のようで……。また、リテールのCPUクーラーが付属していなかったのは並大抵のCPUクーラーでは冷やし切れないからなのかも……汗。

運用には相当に冷却性の高い、大型のCPUクーラーが必須っぽいです。

ピックアップしたDDR4メモリ(値段は記事を書いた現在のもの)

Team DDR4-2400(2133)が¥15,000-程度。Crucialのほうは¥17,000~17,500-程度。

 

ちなみにCorsairから続々とDDR4メモリが発表(8月上旬発売)されているものの、まだ値段が確定していないのかオープン価格とだけ……。

また、旧世代の鉄板となったW3U1600HQ-4GCFDを販売していたCFDは、上記のCrucialのDDR4メモリを扱うようなので、もしかしたらこれらが第六世代初期の鉄板メモリになるのかもしれない。

 

4GBのほうが¥6,128-程度、8GBのほうが¥10,250-程度。そこそこ安いDDR4メモリがキタ━━━━ヽ(^A^ )ノ━━━━!!!!と思ったら一枚だった……。 Σ(゚д゚lll)ガーン

 

 

ちなみに今回ピックアップしたメモリ以外にも、DDR4の品数はそれなりに増えてきているのだけど、高いものは随分と高くて、流石に手が出ないものばかり。そうなると、値頃感のある品数の少ないメモリに人気が集まることは必至。

なので、これらの商品はいずれ売り切れになる可能性が高くなるので、欲しい人は早めに確保しておいたほうが無難かもしれない。

余談

Windows10のアップグレード関係の情報がちらほらとネット上に出てきているみたいで、問題ないよ~という人から、問題あった!という人まで色々といるみたいですね。

気になったのは、MBがHシリーズでOCをしている人が、Win10にするとOC状態だとシステムが落ちるという情報。どうやらWindowsのPC構成の確認(Hシリーズは本来、OCできない仕様をBIOSでできるようにしている)が厳密化されたことが影響しているとかしていないとか。

ちなみにリスクありの自己責任とはなるものの、『mcupdate_GenuineIntel.dll』を.bakにして対処することで対応できるとの情報が出ているので、気になる人や問題に遭遇中の人は『C:\Windows\System32\mcupdate_GenuineIntel.dll』で検索を掛けてみると、幸せになれるかも……。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment