【Blender】普通の写真等を素材にして画像テクスチャを使ったときの、簡単な歪み補正法【覚書】

20150907204141

自分で撮影した写真を、オブジェクトに貼り付ける画像テクスチャの素材として使用するときに生じる歪みを補正したいときのTips。

ちなみに難しいことをするわけではなく、今回の記事を一言で表すのであれば、必要に応じて細分化せよ!!……という感じ。

 

また、画像テクスチャの貼り付け方については基本通り。何か特別なことをする必要はなし。ただ、この歪みは写真から取り込みたい部分の形状、画像テクスチャを貼り付けたい範囲が簡素(単調)であればあるほど出やすいので、ハマりやすい部分かも……。

 

歪みの補正の流れとサンプル

20150907195703

左上がUVエディタに読み込ませた、デジカメで撮った画像。中央下が3Dビューを正面から見たもので、オブジェクトは正面を向いた立方体を、案内に合わせて適当に横長に変形させて、画像テクスチャを貼り付けたもの。(マテリアル表示)

また、UVエディタの頂点配置は、写真上の案内の頂点に合わせて配置。

UVエディタの様子 3Dビューの様子
20150907200124 20150907195954

UVエディタの様子を見るとわかるように、画像にある看板の頂点に合わせて選択面の頂点を合わせている。(オレンジ色の点線)

一方、3Dビューの様子を見ると、右上の文字の辺りが大きく折れて歪んでしまっている。

 

20150907200827

歪みを改善させるために、3Dビュー上でWキーから細分化を選択したもの。3Dビューの立方体に貼り付けられた画像テクスチャに多少の改善が見られる。

UVエディタのほうは特に何もしていないが、立方体の面を細分化をしてやったことで、自動的に対応する頂点が増えている。

 

20150907200954

更に改善させるために細分化の分割数を5に増やしたもの。3Dビューの立方体に貼り付けられた画像テクスチャにかなりの改善が見られる。

UVエディタのほうも自動で均等に対応する頂点が増えている。

 

20150907201037

細分化の分割数を5に増やしたものの、右上の歪みの様子。

 

面を分割する前 面を分割した後
20150907195954 20150907201037

右と左でちょっと切り取り範囲が違うけど、3Dカーソルの位置は変えていないので、随分と歪みが補正されたのがわかるはず……たぶん。

 

まとめ

  • 画像テクスチャを使用するとき、もしも画像が正面から撮影されたものでないのであれば、画像テクスチャに歪みが出ることがある。
  • もしも、歪みがでてしまったときは貼り付けた面を細分化してやると、補正される。
  • また、補正の度合いは細かく分割すればするほど補正される。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment