Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【Blender】Cyclesでオブジェクト+影(床面等)でレンダリングする方法【覚書】

Edit Category Blender
20150915141401 20150915150825

BlenderのCyclesで他の素材と合成するためにオブジェクト+影で書き出す方法。

ポイントはオブジェクトと影の落ちる床面を別のレイヤーに分けて配置し、その配置に沿ったレイヤーを使ってレンダリングしてやること。また、Compositingでは主に影用のレンダーレイヤーから派生する各コンポジットノードがどのような流れになるかを把握しておく。

ちなみに場合によってはオブジェクトのみ、影のみでそれぞれレンダリングして保存し、Gimp等の画像編集ソフトで合成してやってもいい。

 

コンポジットノードは何を使用して、どこに何を繋ぐかが重要。ただ結構、複雑なので詳細はその都度、画像を参照のこと。


基本的な手順

20150915160609

  1. オブジェクトのモデリング、マテリアルの設定、光源の配置を行う。
  2. 影を落としたい床面等を追加する。このとき、影を落としたい床面等は別のレイヤーに配置、あるいは移動する。
  3. プロパティのレンダーレイヤーで、レンダーレイヤーの追加を行い、影用のレイヤーを作る。
  4. オブジェクト用のレイヤー、影用のレイヤーでそれぞれ対応するレイヤーを指定する。※1
  5. 影用のレイヤーを指定した状態で、パスの『影』にチェックを入れる。
  6. スクリーンレイアウトをCompositingにして、コンポジットノードを作成する。※2
  7. プロパティのレンダーの中にあるフィルムの『透過』の項目にチェックを入れ、保存形式がRGBA、保存形式がPNGになっていることを確認してレンダリングを行う。

 

※1の詳細(レンダーレイヤーの設定)

オブジェクト用のレンダーレイヤー 影用のレンダーレイヤー
20150915142616 20150915142810

レンダーレイヤーのレイヤーの項目にある『シーン』、『レイヤー』、『マスクレイヤー』はモデリング時に使用したレイヤーにそれぞれ対応している。

今回使用したレイヤーは左上がオブジェクト、左下が床、上段の左から二番目が光源を配置したレイヤーになっている。暗転している部分が使用中のもの。

 

オブジェクト用のレンダーレイヤーではシーン全てを選択しているものの、レイヤーでは上段のふたつ(オブジェクトと光源)が指定されており、影用のレンダーレイヤーではシーンは全て選択されているものの、レイヤーでは上段の左から二番目と左下(光源と床面)が指定されている。

 

また、影用のレンダーレイヤーではパスの項目の『影』にチェックが入っている。これはコンポジットノードでレンダーレイヤーを追加したときの出力項目に対応している。

影のチェックなしの場合 影のチェックありの場合
20150915143511 20150915143521

レンダーレイヤーの『影』の項目のチェックの有無によるコンポジットノードのレンダーレイヤー(入力)の出力項目の違い。

左は影の項目がないけれど、右はしっかりと影の項目がある。

※2の詳細(コンポジットノードの設定)

20150915144354

何がどこに繋がっていて、どのような値なのかが重要なので上の画像を参考に……。

まず基本的にはオブジェクト用のレンダーレイヤーと影用のレンダーレイヤーの2つの源流があり、最終的には完成形となるコンポジット(画像だとビューアーにも……)へと至る。

オブジェクト用のレンダーレイヤーはこの場合、特に何かをする必要がないので、最終出力である『コンポジット』直前の『アルファオーバー』に直接繋いでいる。

一方、影用のレンダーレイヤーは床面に落ちる影と床面がレンダリングされてしまっているので、邪魔な床面を消す必要があり、そのために幾つかのノードを使用している。使用しているノードは……

 

  1. 入力のレンダーレイヤー(影用)
  2. カラーのアルファオーバー、係数0.5
  3. カラーのミックス、減算
  4. コンバーターのアルファ設定
  5. カラーのアルファオーバー
  6. 出力のコンポジット(ビューアー)

 

入力から出力まで含めると、計6個。ビューアーでそれを確認した様子は下の画像。×付近の濃い灰色部分が、影のみでプレビュー表示されたもの。

20150915150039

ちなみに必ずしもこの計6個のノードで床面を取り除かなければならないというわけではない。

 

20150915150825

アルファ設定を使用する代わりにルミナンスキー+カラーバランスを使用して床面を削ってみたもの。出力される画像が微妙に異なるけれど、似たような状態になる。

また、状況に応じてカラーキーやクロマキー等を使用しても可。ただし、使用するフィルタによってノードの構成は変わる。

 

写真等との合成

20150915152743

これまでの状態のものを拡大縮小したり移動させたりして写真と合成してみたもの。ただ、これはBlender上で合成しているけれど、オブジェクト+影のままで一旦出力(保存)した後に多機能なGimpの画像編集ソフトで合成したほうが色々調整したいときにはそちらのほうが便利かもしれない。

 

ちなみに上の状態だと、写真の焦点位置(デジカメで撮影時のもの)が奥の方にあるのに対して、カメラ(Blender)の焦点がオブジェクトに合わせられているので、レンダリングされた画像がはっきりしすぎている。

その焦点位置等を考慮してぼかし等のフィルタを追加したり、レンズの焦点(Blenderのカメラ)を奥のほうに持って行ってやると、写真に馴染むはず……たぶん。

 

 

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - 3DCG  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【AviUtl】音に合わせて光度変化&回転するSSTC09を配布【拡張編集】

Older Entry【AviUtl】TA重なり合って振動を配布【拡張編集】

Comments


Trackbacks

 
06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05 07


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
配布中のAviUtl用のZIPがDLできない件
どうもzipを置いていたサイトを単なるファイル置き場にしてしまったのが悪かったようで、直接ブログからダウンロードできなくなってしまったようです。 ファイルを保存していた『ultramarinepig.web.fc2.com』の

トップページ(リンク)

に各DLLへのリンクを貼ったリストを作りましたので、ブログのDLの項目からダウンロードできない場合はそちらからダウンロードしてください。

ファイル名はブログのDLリンクに表示されるものと同じですので、それを選択してもらえれば……お手数ですが、よろしくお願いします。m(_ _)m
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017夏(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須であること。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS