【自作PC】6700Kを冷却するのに人気の、保証期間の長い簡易水冷【CPUクーラー】

Intel Core i7 6700Kが発売されて二ヶ月あまり。レビューの増加と共に参考になる構成や設定がだいぶ表に出てきているようで嬉しい限りです。特にヘビーユーザーで、よく使うソフトが被っているような人の情報だと、非常に有用で参考になります。

ちなみに検索して出てくる情報を当たってみると、それなりのOCをしている方はやはりCPUクーラーに簡易水冷を使っていることが多いようで、殻割り+リキプロ+簡易水冷のトリプルコンボはOCの鉄板なんだなと思い知らされる今日この頃。

勿論、空冷のCPUクーラーを使用している方もいましたが、それでもCPUを酷使していると、温度はやや高めの値を示しており、簡易水冷の冷却性の高さが窺えました。

 

ちなみに殻割り+リキプロは相変わらずOCの前提条件のようになってしまっているので、セットとして考えるように注意が必要。冷却性の高い、高価な簡易水冷の絶大な効果も殻割り+リキプロがあってこそ。簡易水冷単体では、その効果が限られてしまうのが現状のようでした。

また、簡易水冷についてはラジエータが大きければ大きいほど冷えやすく、ファンが大きく、回転数が高ければ高いほど風量も多くなり、冷えやすくなります。ただし、ファンの回転数は高ければ高いほど五月蝿くなります。

 

その他の注意点としては、使用中のPCケースで使える(取り付けのスペースは大丈夫か)か、電源は足りている(MBのCPUファンに使えるワット数のこと。ものによっては複数のCPUファンが付いているため)か、保証期間はどうなっているか(海外メーカーが多いので、日本に代理店があり、対応が容易なメーカーがオススメ)を気をつけると良いかと思います。

ちなみに表に出てきているレビューについては、クーラーマスターやコルセアの簡易水冷を使用している方が多かったです。

Cooler Masterの簡易水冷

120XLと240Mが2015年発売、140XLと280Lが2014年発売。銅ベースのプレート。240Mと280Lは5年間保証(公式)、その他は日本正規代理店品が5年間保証。

現在の価格は280L>>240M>>120XL>>140XLの順。¥11,600~。

 

がっつりとOCしている方は殻割した上で、やはり冷却性に優れた280Lを使っているようでした。ちなみに6700KのOCとは関係ないですが、280Lの取り付けに関しての詳しいレビューを見つけたので、これから簡易水冷を取り付けようとしている方の参考までにリンクを貼っておきます。

 

 

Corsairの簡易水冷

価格はH110i GTX>>H110i GT>>H100i GTX>>H80i GTの順。¥13,600~。銅ベースのプレートで、5年間保証。

コルセアはどれも5年間保証で、リンクスが日本代理店になっているので、困ったときのやり取りが容易そうなところも好印象。

 

また、AviUtlのx264guiExでお世話になっているrigayaさんの i7 6700K (Skylake) オーバークロック環境では、CorsairのH100iが利用されているようで、こんなコメントも……。

今回のオーバークロックでは結果として、x265エンコード時に4.6GHzで83℃、ということになり、マザーボード読みであることを考えるとかなりぎりぎりで、これ以上はより冷却力の強いものを買うか、殻割りするかしなければ厳しいと思う。

ちなみに簡易水冷の吐き出す空気は、5960Xにつけている簡易水冷にくらべて圧倒的にぬるく、実際の熱量はたいしたことがないことがわかる。すなわち、6700Kを十分に冷やせないのは、やはりいまいましいグリスのせいである

引用元:rigayaの日記兼メモ帳 i7 6700K (Skylake) オーバークロック

※ 赤字や下線は内容を強調するためにΨ(`∀´)Ψケケケが追加したものです。

 

ちなみにrigayaさんのこのコメントをまとめると……

  • 6700Kを殻割りせずに4.6GHzで使用中。
  • H100i(12CM*2ファンのH100i GTXの前のもの)を使用。
  • x265エンコード時にMB読みで83度まで上昇。ギリギリ。
  • 簡易水冷に余力があるのに冷え切らないのはグリスバーガーのせい。
  • 十分に冷やすためには殻割り必須。

 

という感じ。PCケースのエアフローなどでも結果は変わってきますが、殻割りの有無や簡易水冷の性能と余力、OCの温度など非常に参考になる情報でした。m(_ _)m

保証期間

保証期間はメーカーや製品によって異なるのが現状。今回、挙げた簡易水冷は基本的に5年間保証(ものによっては日本代理店の正規品のみ)だけど、他のメーカーや製品によっては1~2年と短いものもあるので、選択時にはそれらをよく考慮したほうがいいかも……。

また、簡易水冷は水漏れ等が怖いので、しっかりとした造りの保証期間の長いものがオススメ。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment