【AviUtl】図形浮遊(落下)と画像浮遊(落下)をそれぞれ配布【拡張編集】

20160108163709

 

図形浮遊(落下)は、複数の図形が延々と画面外から自然な感じで左右に揺れながら浮遊(落下)してくるカスタムオブジェクト。一方、画像浮遊(落下)は、複数の画像(※画像以外のオブジェクト可)が延々と画面外から自然な感じで左右に揺れながら浮遊(落下)してくるアニメーション効果。

基本設定項目は速度、個数、周期(横揺れ)、幅(横揺れ)、浮遊(落下)の4+1。また、『設定』からサイズ(拡大率)や上昇(下降)速度、色、XYZ軸回転、横揺れの幅と周期、奥行き(Z)の変更やランダム化が可能。

 

使用想定イメージとしては、グローを追加して光の玉を浮遊(落下)させたり、文字を降らせたり(Top画像は文字毎に個別オブジェクトの有無)、それっぽい画像を作ってそれを浮かべたり……まあ、背景の賑やかしになれば、という感じのスクリプト。

サンプル

20160108162314

図形浮遊(落下)+グロー。浮遊(落下)であれば画面の下辺(上辺)から上辺(下辺)に向けて図形が揺れながら登っていく(下降していく)。

 

20160108162539

上の図形浮遊(落下)の選択図形を四角形にして、線幅を2、基本サイズを100にしたもの。選択図形はAviUtlのFigureフォルダに入っているものならば選択可能。

 

20160108162835

テキストオブジェクト+画像浮遊(落下)+グロー。デフォルトだと、複製されたオブジェクトはランダムに着色(設定から変更可能)される。

 

20160108163105

上のものに、文字毎に個別オブジェクトにチェックを入れたもの。

 

20160108164906 20160108164944

画像に画像浮遊(落下)を追加したもの。左が輝度あり、右が輝度なし。デフォルトだと、ランダムに着色される設定になっている。

※ 輝度なし=塗り潰し。

 

20160108164714

あれこれとオブジェクトを足して、アニメ調っぽくしたもの。

 

項目解説(画像浮遊(落下))

20160108165400

 

  • 速度:浮遊(落下)する基本速度。
  • 個数:基本個数。ただし、あくまでも最大値。
  • 周期:浮遊(落下)時に各オブジェクトが左右に揺れる基本周期。
  • 幅:浮遊(落下)時に各オブジェクトが左右に揺れる基本幅。
  • 浮遊⇔重力:チェックありで浮遊、チェック無しで落下。

 

※ 速度や個数、周期、幅はデフォルトだと、設定内のランダム化にチェックが入っており、複製された個々のオブジェクトで異なります。

 

20160108165850

 

  • ランダムZM:拡大率のランダム化。
  • 輝度保持:0で保持なし(ランダム色で塗り潰し)、1で保持あり。
  • 平面化:0で非平面化(奥行きあり。カメラ制御などで)、1で平面化(フィルタ効果有効、奥行き無効)
  • ランダムCOL:ランダム色の有無。チェックを外すと、オリジナルの色を使用。
  • ランダム色最小値:0~255で指定。0に近づくほど色が濃くなる(暗くなる)。
  • ランダム色最大値:0~255で指定。255に近づくほど色が薄くなる(明るくなる)。
  • ランダムRNG:揺れ幅のランダム化。
  • ランダムSPD:浮遊(落下)速度のランダム化。
  • Z方向:奥行きの最大値。200の場合 → 各オブジェクトは-200~200の範囲に配置。
  • XYZ回転速度:0で回転停止。0以外の値を設定すると、各軸で回転する。回転速度は各オブジェクトで設定値を最大値にしてランダム。
  • XY描画範囲係数:平面化が有効であるときに描画範囲を指定値倍にする。全体を回転させた時など、見きれてしまった場合に使用する。
  • SEED:乱数(ランダムな値)を得るための値。

 

 

※ 図形浮遊(落下)の解説は画像浮遊(落下)の項目とほぼ同じなので省略します。

DL

 

(リンク先のTXTが文字化けしている場合は、ブラウザの文字エンコーディングをSJISにしてください)

 

FC2 のファイル保存形式上の都合でtxtファイルで保存されているので、リンクの上で右クリックして『リンク先のファイルを保存する』を選択してファイルを保存するか、リンク先のページに飛んで『Ctrl + A』で全てを選択し、メモ帳等にコピペ&保存するかしてください。

その後、保存(作成された)ファイルの拡張子をtxt → obj(anm)に変更したら、AviUtlのScriptフォルダにコピペでこのスクリプトが使えるようになります。

 

 

  • 図形浮遊(落下).txt → 図形浮遊(落下).obj
  • 画像浮遊(落下).txt → 画像浮遊(落下).anm

 

※ それぞれ単独のスクリプトなので、ファイル名の頭に『@』は不要です。
※ 今回のスクリプトは名前が似ていて紛らわしいので注意して下さい。
※ カスタムオブジェクトの拡張子はobj、アニメーション効果の拡張子はanmです。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

(´・д・`)  

書いてあるようにしたけどaviutl内でこの効果が表示されません

2016/02/08 (Mon) 23:06 | REPLY |   

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

Re: タイトルなし

表示されない場合、フォルダ構造が間違っているかファイル名が間違っている可能性が高いです。また、OSがWindows以外である場合、テキストファイルの文字コードをSJISにして保存する必要があります。

2016/02/10 (Wed) 22:47 | REPLY |   

Post a comment