【Blender】曲線から複雑な面を作成できるBsurfaces【覚書】

Bsurfaces v1.5 from Blend_Ideas on Vimeo.

 

以前、本当にちょろっと触れたことのあるBlenderの『Bsurfases』。グリースペンシルを使って描いた曲線から複雑な面を作成できる素晴らしいアドオンなのですが、Blenderのバージョンアップをしているうちにいつの間にかチェックを入れることを忘れていたので、忘れないように覚書。

ちなみにどんなときに使えるのかといえば、複雑な曲面作りのときに非常に効果的。グリースペンシルによる線の引き方、線の向き、3Dの向き等によって様々な面が作成できる。

 

※補足ポイント:グリースペンシルの『データソース』は『シーン』ではなく『オブジェクト』で描き込み、その後、『Add Surface』で面を作成すること。(編集モード、Tツール内にメニューあり)

 

Bsurfacesの解説

 

有志の方が作成されたBsurfacesの日本語ヘルプがインストール方法から使い方、使用例まで非常に細かく書かれているのでオススメ。

 

Grease Pencilの使い方

Blender 2.5 Grease Pencil Tutorial from Viralata on Vimeo.

 

Blender 2.5 grease pencil tutorial part 2 from Viralata on Vimeo.

 

Bsurfacesを使うときに必要になるグリースペンシルのチュートリアル動画。ちなみにグリースペンシルとは何かというと、3Dビュー上に描く『3Dのメモ』。

Bsurfacesではこのグリースペンシル機能を利用して複雑な曲面を作成するので、使い方を覚えておく必要がある。

 

 

こちらはグリースペンシルの日本語記事。最近のものからちょっと古いものまで。古いものはUIがちょっと違うけど、どちらにしても機能は同じで、3Dメモの意味が理解しやすそうだったので……。

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment