Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【M.2 SSD】超高速の『NVMe』 の導入についてあれこれ【自作PC】

Edit Category PCパーツ&関連機器&ガジェット

20160125175511

主なPCの記憶媒体がFDD→HDD→SSDと進化していく中で、SSDの規格のひとつとして誕生したのが『M.2』(mSATA型の後継)。で、これにどんな特徴があるかというと、小型であるためにマザーボードに直接組み込めて(PCケースのベイを利用しない)、読み書きが非常に高速!!になるという特徴がある。

ちなみにデータの読み書きが高速でできるとどうなるのかというと、PCの全体的な挙動(体感速度)を劇的に改善できるということに繋がる。このため、高速で読み書きできるM.2(正確にはM.2の次世代規格である『NVMe』)に最近、注目が集まっている。

 


今後は次世代SSDの接続規格である『NVMe』!!

現在はCPU性能の成長速度が頭打ちになってきており、たとえばHaswell→Skylake(同価格帯)に乗り換えても著しくPCの動作が軽快になることはない。しかし、HDD→M.2 SSD、SSD→M.2(NVMe)等のような感じで乗り換えた場合は、著しくPCの動作が軽快になる。

 

特に次世代の接続規格である『NVMe』の使用された『M.2』は、PCIe ×4(Gen3)に対応しているSkylake世代のマザーボードだと、Readでおよそ2000MB/s、Writeでおよそ1000MB/sを超える速度が出て、M.2スロットが2つ以上あるマザーボードにRAIDで組めば更に速度は上がる。

(ちなみに通常のHDDだと良くて3桁、悪いと2桁程度の速度しか出ないことがある。MBの仕様、接続方法等が影響。参考

 

 

注意点としては、M.2 SSDは広帯域を専有するのでRAIDで2個繋いで使用すると、SATAポートなどの利用が制限される(マザーボードによって異なる? RAID使用時の排他仕様)ようなので、自分のPC環境(他に使いたいHDDの数、マザーボードなど)を踏まえて導入する必要があるということ。

※ 各社の配布しているマザーボードのマニュアル(PDF)などを要参照。

まとめ

  • M.2:小型、速度は通常のSSD程度かちょっと上程度。(例:Read 500MB/s、Write 450MB/sなど)。通常のSSDよりもややお高い。
  • M.2(NVMe):小型、通常のSSDよりも高速(例:Read 2000MB/s、Write 1000MB/sなど)。通常のSSDの2倍以上の価格。

 

  • M.2は、M.2スロットのあるマザーボードか、 M.2スロット増設インターフェイスボード(記事を書いている現在は、まだNVMeの本領を発揮させるものはない状態)が必要。
  • M.2を使用すると、MBのSATAの一部が排他仕様で使えなくなる可能性があるので、導入時は要注意。
  • NVMeは、Skylake世代以降のPCIe ×4(Gen3)対応マザーボードで本領発揮。
  • NVMeを販売しているメーカーは現在、Intel(M.2ではなくPCI-Express)とSamsungだけ? SanDiskなどは開発が遅れている様子なので、価格競争が起こって手を出しやすくなるのはもうちょっと先。

 

※ 上にも書いたけど、M.2スロット増設インターフェースボードは、まだNVMeの本領(速度が制限される。USB2.0にUSB3.0を繋いでいるような感じ)を発揮させるものがないみたいなので注意。

補足(M.2モジュールの長さについて)

M.2カードは直方体で、短辺に端子を持つ。0.5 mmのピッチで75のポジションと最大67のピンを持ち、ピンは基板の両面にわたる。端子の逆側の辺の中央に半円形のネジ穴がある。端子の各ピンは最大50 V、0.5 A、端子自体は最大60回の抜き差しに耐えるものとされる。M.2機器の幅は 12, 16, 22, 30 mmの4種、長さは 16, 26, 30, 38, 42, 60, 80, 110 mmの8種類からなる。最初期に一般に流通したM.2機器のサイズは、幅22 mm、長さは30, 42, 60, 80, 110 mmという物だった[1][2][8][9]。

引用元:M.2 - Wikipedia

M.2 SSDのType2280(あるいは単に2280)等といった表記は、モジュールの長さを示している。2280であれば下2桁がモジュールの長さになる。

また、マザーボードやベアボーン(NUC)等のスペック表記の部分(ストレージの部分)に、『Type2242/2280対応』などと表記されている場合は、その長さのM.2 SSDが使えるということ。

20160127141435 (画像:https://www.asus.com/jp/Motherboards/Z170-DELUXE/より引用)

上の画像の中にあるM.2モジュールを固定するためのボルト(それぞれの長さに対応した4つ)とその脇に書かれている数値が各M.2モジュールの長さ。

モジュールの長さの対応状況はマザーボードによって異なるので要注意。ここ最近の主流はType2280で、マザーボードの方も2280に対応していることが多い。

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - 自作パソコン  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【AviUtl】スクリプトの導入方法や各種注意事項(初心者用)【拡張編集】

Older Entry【AviUtl】素材系カスタムオブジェクトのスピード線2種類を配布【拡張編集】

Comments


Trackbacks

 
12 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

11 01


 
 
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
 
オススメ
















 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2016冬(skylake世代)
用途に合わせてCPUやGPUを1ランク上げたり落としたり、SSDやHDDの容量を抑えたりすると、バランスもコスパも良いPCになるよ!金属パッドは殻割り用。



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS