【7.1ch】バッテリーで最大16時間駆動するワイヤレスヘッドセット2タイプが発売【コルセア】

20160217120543 VOID Wireless Dolby 7.1 RGB Gaming Headset — Special Edition Yellowjacket

 

コルセアから音楽や映画だけではなくゲーム等でも臨場感溢れるドルビー7.1chサラウンドシステム対応ヘッドセット『VOID RGB Wireless』シリーズのブラックモデルとイエローモデルの2種が発売中。

コントローラーはヘッドセットの左側カップに搭載。ボリュームの制御、プロファイルの切替、ドルビーサラウンドのオンオフ、電源のオンオフ、マイクのオンオフなどが可能。

ブラックモデルとイエローモデルの主な違いは、イエローモデルは1.5Mのアクセスポイント延長用のベースステーション付きで、ブラックモデルにはそれがないこと。

7.1chサラウンドって?

20160217122746 (水色:人、赤:音発生、矢印:音の向き)

 

簡単に説明すると、自分の周囲に7個の音源があり、それぞれから別々の音が出て、臨場感を演出するシステムで、音源によって異なるものの、基本的には自分を取り巻く音の変化を再現することが可能になる。

例えば、7.1chサラウンドシステムに対応したゲームなどで、自分の前方で車が右から左に移動した場合、右側のスピーカーから順に左側のスピーカーに車のエンジン音が移動して聞こえてくる……といった感じになる。他のスピーカーからも、反響音や回り込んできた音が聞こえる。

ちなみに7.1chとは7個のスピーカーと1個のサブウーファーによって構成されているという意味。

『ソフト』が7.1chサラウンドに対応していることが大事

音楽にしろ映画にしろゲームにしろ、7.1chサラウンドシステムを利用したければ、ヘッドセットだけではなく『ソフト』も対応している必要がある。

つまり古い音楽や映画、ゲームは非対応である可能性が高いということ。

 

音声出力:Linear PCM 2ch, Linear PCM 5.1ch, Linear PCM 7.1ch, Dolby®Digital 5.1ch, DTS Digital Surround 5.1ch, Dolby®Digital Prologic II

引用元:DARK SOULS Ⅱ(PS3) | PlayStation®Store 日本

2016年3月半ばに新作の発売されるダークソウル3。その旧作である2のスペックを一部引用したもの。音声出力の部分にPCM 7.1chの文字があり、7.1chサラウンドシステムに対応しているのがわかる。

つまり比較的新しく(数年前に発売されたものでも対応している)、それなりにお金のかかっているソフトであれば対応している可能性大。

 

 

音楽や映画ソフト(ブルーレイディスク)の音声についてのスペック表記で気にするべき部分はこの辺り。ディスクの大容量によって、可逆圧縮のオーディオコーデックが使われるようになっており、チャンネル数(対応スピーカー数)も増えている。

 

Spec

20160217124155

 

ヘッドホン部分

  • 応答周波数:20Hz~20KHz
  • インピーダンス(抵抗値):32KΩ@1KHz
  • ドライバー:50mm
  • コネクタ:Wireless USB Receiver

 

マイクロホン部分

  • タイプ:単方向ノイズキャンセリング
  • インピーダンス(抵抗値):2.2KΩ
  • 応答周波数:100Hz~10KHz
  • 感度:-37dB(+/-3dB)

 

その他

  • 接続:USB(Wireless USB Adapter)
  • 充電:1.5M USBケーブル
  • 無線帯域:2.4GHz
  • 無線範囲:最大40フィート(最大12メートル程度)
  • バッテリー:最大16時間駆動
  • プリセットによるイコライザあり
  • 1680万色のLEDバックライトカラーの設定可能
  • 保証:2年

 

イエローモデルは1.5Mのアクセスポイント延長用のベースステーション付き。

 

Corsair HP

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment