【AviUtl】指定色以外の部分をモノクロ化するアニメーション効果『色抜き(dll)』を配布【拡張編集】

20160428222126 
(右がオリジナル、左が髪の毛の色のみ抜き出したもの)

 


※更新情報 2016/05/05 H判定の不具合修正。また、範囲制限機能を追加。
※既にティムさんがほぼ同名のほぼ同効果のスクリプトを作られていたので、そちらのリンクも併記しておきます。
 ティムさん、紛らわしいものを作ってすみません。m(_ _)m


モノクロ画の中で、強調したい部分だけ着色されている!というアレを簡単にするためのアニメーション効果です。色相や彩度、明度で色の範囲を絞ることができ、強調によって残した部分の彩度を増減できます。

 

20160428225814

ちなみに使用する映像や画像によって向き不向きがあります。

 

  • 向いている素材:抜き出したい部分の色が他の部分で使われていない。
  • 不向きな素材:抜き出したい部分の色が他の部分でも使われている。

 

 

以前、【AviUtl】モノクロ画の中で一部分だけ着色されているような演出の方法【拡張編集】という記事を書きましたが、あっちはあっちでそういう方法もあるのだと頭の片隅に入れておいてもらえると、演出の幅が広がるかと……。

使い方

20160428224252(背景の黄色をスポイトで取得して調整した場合。文字の部分を除く)

 

  1. 動画や画像を配置し、色抜き(dll)を追加する。
  2. ON⇔OFFのチェックが入っていない(OFF)であることを確認する。
  3. 色をクリックして、スポイトを選択し、配置した動画や映像の色を残したい部分をクリックする。
  4. ON⇔OFFのチェックを入れる(ONにする)。
  5. H判定やS判定、V判定のバーを動かして、イメージに合うように色の範囲を限定してやる。※
  6. 必要に応じて強調のバーを動かして、残した色の彩度を変える。

 

※ HSV:Hは色相、Sは彩度、Vは明度。
※ 範囲制限機能は、色を抜き出す範囲を制限します。範囲外にあるものは本来抜き出す色であってもモノクロ化します。

項目解説

20160428223218

 

  • H判定:色相の範囲指定。
  • S判定:彩度の範囲指定。
  • V判定:明度の範囲指定。
  • 強調:残った色の彩度を増減。
  • ON⇔OFF:効果のオン・オフ。色を取得するときはOFFにする。

 

『設定』

  • Color:抜き出す色を指定。スポイトを使ったほうが吉。
  • 範囲制限:チェックを入れると、色を抜き出す範囲を制限。
  • 開始X(Y):X(Y)方向の色抜き出し開始位置。
  • 終了X(Y):X(Y)方向の色抜き出し終了位置。
  • Guid:チェックを入れると、画像の幅と高さを表示(範囲制限用)。

※ 範囲制限は左上が原点(0,0)で右下がプラス方向です。

20160428223445

 

  • 色:普通に色を指定してもいいけど、画像中央の『スポイト』を使って、使用映像や画像から色を取得したほうが無難。

 

DL

 

今回はC言語(!)でdllファイルを作り、処理をさせています。Luaで処理させるよりも多少軽くなっているはずなのですが、ブログのほうにはZipやdllファイルがアップロード出来なかったので、DLのリンク先を変更して配布しています。

利用するにはDLしたZipファイルを圧縮解凍ソフトで解凍後、出てきたdllファイルとanmファイルをAviUtlのScriptフォルダにコピペすれば使えるようになるはずです。

 

ちなみに私のC言語の習得レベルは、ラディッツが地球で遭遇した第一村人レベルなのであしからず……。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

(´・д・`)  

ティムさんの色調調整セットの中のものと何が違うのでしょうか

2016/05/02 (Mon) 21:11 | REPLY |   

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

Re: タイトルなし

> ティムさんの色調調整セットの中のものと何が違うのでしょうか
ほぼ同名のものをティムが既に作られているのを確認しました。うちのAviUtlにもメタル化等と一緒に入っていました……汗。

処理の違いについては、把握したばかりということやティムさんのdllの中身がわからないので何ともいえません。たぶん同じ趣旨で作られたと思われるので、dll内の処理は違っても、似た結果が出るかと思われます。また、C入門者レベルの私よりも、効率的なプログラムであると思われます。

ちなみに私が作ったものは単純にHSVで色を絞り込んで、判定にマッチしない部分はモノクロにし、残った部分のSを変更するものです。違いらしい違いは残った部分の彩度を変更できる(モノクロの中から残したい部分のみ徐々に色づけ、あるいは元の色よりも強調)ことくらいでしょうか。(ティムさんのものでもできるかもしれませんが……)

2016/05/04 (Wed) 22:50 | REPLY |   

Post a comment