【Blender】表情のモーションキャプチャを3Dモデルに反映する動画【参考】

Blenderのモーションキャプチャを使って、3Dモデルの表情を動かす!……という作業を解説している幾つかの動画を紹介。

上手く使えば面倒臭い表情を作るためのキーフレーム打ちの労力を軽減できそうなので、色々と試してみる価値はあるかもしれない。ちなみに自分の顔にちょっとした目印を付けて、モーションキャプチャの解析精度を高めている人も……。

 

こちらは主にFace Rigのあれこれという感じだけど、同様の方法で3Dモデルの表情を動かしているので一緒に貼り付けておくことに……。

ちなみに動画主さんのアカウント名をクリックして、他の動画をちらりと見てみると、Blenderで色々とやっている感じなので、他の動画も一見の価値あり。

 

 

顔以外にも反映できそうだけど……

手足(腕脚)や胴体に目印を付けてカメラの前で踊れば、3Dモデルを躍らせることも可能かも……。問題があるとすれば、くるりと回るような動作をした場合だけど、その部分で細かく修正(追跡用のマーカーを打ち直す)できれば回転にも対応できる?

上手くやれば色々な動画から、BVHファイル(モーションキャプチャデータ)の作成が楽にできそう。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment