【AviUtl】現行フレームの位置を反映できるようにTarget追従スクリプトを改良!【拡張編集】

 

1フレーム前の位置を反映していたTarget追従スクリプトを、現行フレームの位置を反映できるように改良しました。動きが1フレームずれていたせいで生じていたブレっぽいものがなくなり、より滑らかにターゲットを追従するようになっています。

また、ターゲットの色を絞り込む過程で、薄くなった部分が見えづらかったので、設定内に残存色確認のチェック項目を追加しました。チェックが入っていると輝度が反転されるので、真っ暗な画面と同一化して見えづらかった部分がはっきりと見えるようになります。

 

残存色確認のチェックなし 残存色確認のチェックあり
20160702173001 20160702173024

(どちらも同じフレームの設定値。違いは残存色確認のチェックの有無のみ)

ちなみに多少、色が残っていても、設定内の検索A(透明度の指定)と検索B(ぼかしの指定)を変えてやることで、検知に引っかからないようにできるので、動画に合わせてこれらの値を変えてやって下さい。(Target追従、動体検知(検知用・YCbCr)共通)

 

 

その他に動体検知スクリプトを、YCbBrで判定するものを上位に並べ替え、それ以外のものに予備の単語をつけました。使いやすさによる措置なので、機能自体に変化はありません。

解析する動画によって、向き不向きがあるかと思われるので、状況によって使い分けて下さい。

DL

 

既に旧版をインストール済みの方はまるっと上書きコピーでOKです。

関連記事

 

使い方等は上記のリンク先の記事を参考にして下さい。

 

CrossFire(RX480が2枚必要)で使用するとGTX1080を上回る性能だとか。それぞれの価格を考えると、2枚でもRX480のほうがまだまだ安いので、仕様ソフトさえ対応していればRX480を2枚購入してCrossFireで使用するという選択肢も十二分にあり。

関連記事
スポンサーサイト

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/10 (Sat) 14:57 | REPLY |   

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

Re: DL終了してしまったのでしょうか

ご利用ありがとうございます。

どうも単なるファイル置き場にしてしまったのが悪かったようで、直接ブログからダウンロードできなくなってしまったようです。ファイルを保存していたFC2HPのトップページであるhttp://ultramarinepig.web.fc2.com/に各DLLへのリンクを貼ったリストを作りましたので、ブログのDLの項目からダウンロードできない場合はそちらからダウンロードしてください。


CTracking.zipがトラッキング系のもので一番新しいものです。ちなみにかなりピーキーな感じのスクリプトなのでご要望に添えるかどうかちょっと心配ですが……(汗。

2017/06/11 (Sun) 14:15 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/11 (Sun) 16:46 | REPLY |   

Post a comment