【AviUtl】ブロックノイズ風図形発生(カスタムオブジェクト)を配布!【拡張編集】

20160905025334

 

ブロックノイズ風図形発生は、ランダムな位置にランダムな長さで、一定の連続性を持った図形を発生させ、速さに従って移り変わらせるカスタムオブジェクト。

主な設定項目は個数、ノイズ長、速さ、連続性の4つで、チェック項目で一色で図形を発生させるもできれば、ランダム色で図形を発生させる(塊ごとに色を変える)ことも可能。また、設定内の項目の値を変えることで、図形の大きさや発生範囲を変えることも可。

基本的には単独で使うのではなく、合成モードを変更したり、各種フィルタや『上のオブジェクトでクリッピング』、別シーンにおいてアルファチャンネルであれこれしたりなど、他の素材と組み合わせて使うことを想定。

サンプル

20160905030103

デフォルトの状態。ランダムな位置に、ランダムな長さで、一定の連続性を持った図形が発生している状態。時間とともに速さに従って移り変わる。

 

20160905030132

ランダム色にして、連続性の値を0%(0で連続状態)にしたもの。

 

20160905030241

レイヤー1に画像、レイヤー2にこのカスタムオブジェクト+ランダム色ずれ+ランダムラスター+グローを追加し、合成モードをオーバーレイにしたもの。

 

20160905030317

ひとつ上の画像の状態のものに、レイヤー3に画像を加え、上のオブジェクトでクリッピングを行ったもの。上のオブジェクトでクリッピングを行ったことで、このカスタムオブジェクトで発生した図形部分にレイヤー3の画像が映り込むようになり、それがオーバーレイされている。

レイヤー2のグローの前にぼかしフィルタを追加しても良い感じ。

項目解説

20160905031112

 

  • 個数:基本となる図形の個数。
  • ノイズ長:個別のノイズの最大の長さ(ランダム値の最大値)。
  • 速さ:ノイズが移り変わる速さ。
  • 連続性%:ノイズ長の連続性。0%で連続、100%非連続。
  • 色変化:チェックを入れると、塊ごとに色が変わる。

 

 

20160905031137

 

  • Figure:基本図形の選択。
  • Color:図形の基本色の選択。
  • サイズ:図形の最大サイズの指定。
  • 線幅:図形の線幅の指定。
  • ランダムサイズ:チェックを入れると、図形のサイズが塊ごとにランダム化。
  • Rサイズ係数:図形サイズの最小値を決めるための係数。
  • SEED:ランダムな値を得るための基本値。
  • 範囲制限:チェックを入れると、図形の発生する範囲を制限する。
  • 幅:範囲制限にチェックが入っていた場合に、ここで指定された値の範囲に発生。
  • 高さ:範囲制限にチェックが入っていた場合に、ここで指定された値の範囲に発生。

 

DL

 

(リンク先のTXTが文字化けしている場合は、ブラウザの文字エンコーディングをSJISにしてください)

 

FC2 のファイル保存形式上の都合でtxtファイルで保存されているので、リンクの上で右クリックして『リンク先のファイルを保存する』を選択してファイルを保存するか、リンク先のページに飛んで『Ctrl + A』で全てを選択し、メモ帳等にコピペ&保存するかしてください。

その後、保存(作成された)ファイルの拡張子をtxt → objに変更したら、AviUtlのScriptフォルダにコピペでこのスクリプトが使えるようになります。

 

 

ブロックノイズ風図形発生.txt → ブロックノイズ風図形発生.obj

(単独のスクリプトなので、ファイル名の頭に@は不要です)

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment