【AviUtl】配置系アニメーション効果の『縦横並べ(R拡縮回転ズレ)』を配布!【拡張編集】

20160918191512 
(羊か豚っぽい何かは自作のマスコット素材なので、このスクリプトとは無関係)

 

縦横並べ(R拡縮回転ズレ)は、画像や図形、カスタムオブジェクトなどを縦(横)に指定数だけ並べ、指定値の範囲内で個々にランダムで拡大縮小させたり、回転させたり、横(縦)にずれさせたりする配置系アニメーション効果。

使用イメージとしては、背景作成の一助になれば……という感じ。ちなみに『敢えてランダム性を出すことによって手作り感っぽい雰囲気を作る』ことを目的にしているので、ポップアートやメルヘンチックな感じの演出(線や枠代わり)のほうが適しているような気がしないでもない。

 

Sample

20160918191600

円をモコモコするような感じで配置して、それを顔文字のテキストで抜いたもの。羊なのか豚なのか……は不明ww

 

20160918191630

上のものにこのスクリプトを追加したもの。

個々の画像の大きさは設定内の最大ZOOMと最小ZOOMで調整。素材が大きすぎるときは、最大ZOOMを100%以下にすると吉。

個数と間隔を調整し、ランダム値の最大値となる回転の項目に値を設定。また、設定内のズレ幅に値を設定して、縦方向にズレを発生させている。ちなみにズレ幅がゼロのときは横一直線に並ぶ。

 

20160918193130

図形の星にこのスクリプト+グローを追加したもの。

 

20160918193341

縦横を切り替えて、個数と間隔を調整し、ミラーフィルタを追加したもの。

 

項目解説

20160918193526 

 

  • 個数:複製する個数。総数。
  • 間隔:複製された素材の間隔。
  • 位置:位置補正用。横に複製の場合、縦に移動。縦に複製の場合は横に移動。
  • 回転:個々の図形の回転角度の最大値。
  • 縦⇔横:チェック無しで横並べ。チェックありで縦並べ。

 

 

20160918193810

 

  • 最大ZOOM:個々の図形の、拡大率の最大値。単位は%。
  • 最小ZOOM:個々の図形の、拡大率の最小値。単位は%。
  • ズレ幅:この値を最大値にしたランダムな値の分だけ横並べのときは縦にズレ、縦並べのときは横にズレる。
  • SEED:乱数を取得するための値。

 

※ 個々の素材の大きさの調整は、最大ZOOMや最小ZOOMの値を変更することで対応する。拡大率だと、複製された素材トータルでの拡大率の変更になる。

DL

 

(リンク先のTXTが文字化けしている場合は、ブラウザの文字エンコーディングをSJISにしてください)

 

FC2 のファイル保存形式上の都合でtxtファイルで保存されているので、リンクの上で右クリックして『リンク先のファイルを保存する』を選択してファイルを保存するか、リンク先のページに飛んで『Ctrl + A』で全てを選択し、メモ帳等にコピペ&保存するかしてください。

その後、保存(作成された)ファイルの拡張子をtxt → anmに変更したら、AviUtlのScriptフォルダにコピペでこのスクリプトが使えるようになります。

 

縦横並べ(R拡縮回転ズレ).txt → 縦横並べ(R拡縮回転ズレ).anm

(単独のスクリプトなので、ファイル名の頭に@は不要です)

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment