Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【AviUtl】トーンカーブ補正っぽいスクリプトを作ってみたので配布!【スクリプト】

Edit Category Aviutl > スクリプト(配布物や制御法関係)
20161015180657 20161015180612

 

トーンカーブ補正1(RGB)はphotoshopやGimpなどの画像編集ソフトのそれのように直感的に画像や映像を補正するためのスクリプトで、画像や動画に追加して使用するアニメーション効果。

使用可能なアンカー数は4~16個(両端を含める)まで。両端を除く各アンカーのXが左から順にRGBの値の範囲である0→255(アンカー数で均等割)に対応しており、アンカーの各点を通る曲線の上下位置によって、対応する画像や映像の色要素に曲線のYの値を加算(減算)する仕組み。

モードによって加算や減算する対象を指定可能で、RGB全てに加減したり、Rのみ、BGのみに加減と限定できたりする。ちなみに画像編集ソフトのトーンカーブ補正の初期値は右斜め上に上がっていく感じになっているけど、これは横一直線。また、曲線の描き方もちょっと違うはずなのであしからず……。

 


RGBとその範囲、アンカー間の線の意味について

20161015192257 20161015194505

まず画像や映像は色の粒が1点1点順番に並ぶことで構成されていて、その1点の色を抜き出すとRGBという数値で構成されている(透明度を加えた場合はRGBAなど)。

で、このRGBの値の範囲は各0~255。白を示す0xFFFFFFはRGBの各値が255の状態。黒を示す0x000000はRGBの各値が0の状態。赤を示す0xFF0000はRGBのRが255、GとBが0の状態。緑を示す0x00FF00はRGBのRが0、Gが255、Bが0の状態。青を示す0x0000FFはRGBのRが0、Gが0、Bが255の状態。

ちなみに0x0000FFのFFとは16進数の数値で、10進数で言えば16×16=256だけど、始まりが1ではなく0なので、256から1を引いた255となる。

 

で、このスクリプトは両端を除くアンカーの位置がRGBの値の範囲と同じ0~255の範囲を持っていて、両端を除く一番左の部分のアンカーを上下させると、グレースケール(各点のRGBの平均値)の0近辺の値を持つ画素にRGB※を加減し、両端を除く一番右の部分のアンカーを上下させると、グレースケールの255近辺の値を持つ画素にRGB※を加減する。

また、モードによって加減する対象は変更可能で、上の画像はモード1、Rの要素を加減する状態。また、アンカー数が7点で両端を除く右側から2番めのアンカーを動かしていることからグレースケールにして191近辺(比較的明るい部分、色としては薄い部分)の値を持つ部分のみにRを加減している。

 

Sample

20161015200013 20161015200159

モード:0(RGB全てに加減)で、0の部分の値を大きくし、255の部分を小さくしたもの。暗い部分が明るくなり、逆に明るい部分が暗くなっている。

アンカー数を増やしてやれば、特定の範囲だけ明るくしたり、暗くしたりすることが可能。

 

20161015200817 20161015200754

16個のアンカーを配置して、モード:6(GBに加減)にしたもの。やや暗い部分と一番明るい部分に変化を出さずに、中間近辺を中心にやや明るい部分に加算するような感じにしたもの。

 

20161015202144 20161015202119

7個のアンカーを配置して、モード:4(RGに加減)にしたもの。暗い部分にのみ値を加算して、その部分だけが黄色っぽくなっている状態。

 

 

ちなみにアンカーの各点を通る曲線は、なるべく滑らかになるようにアンカーの位置を配置したほうが綺麗に補正される。また、曲線はAviUtlの関数であるobj.interpolation()で算出されているので、他の画像処理ソフトのトーンカーブ補正とはちょっと描かれる曲線が違うかも……。

項目解説

20161015202339

 

  • アンカー数:両端を含めたアンカー数を指定。
  • 太さ:0~255の範囲を示す曲線の太さ。
  • 強弱:アンカーを上下させたときの影響度。
  • MODE:RGB→R→G→B→RG→RB→GBの順番で切り替わる。
  • Guid:簡単な使い方の説明と曲線の表示。

 

DL

 

Zip形式で配布しているので、DL後に圧縮解凍ソフトで解凍してください。また、中に入っているDLLファイルと同じ名前のDLLファイルがあるときは作成日の新しいものを上書きしてください。

 

 

 

関連記事
Community テーマ - 映像制作  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【Blender】既存ファイルの画像テクスチャが上手く反映されなかった件の解決【Ver2.78】

Older Entry【Blender】ノード設定でオブジェクトの表面に溝を作る方法についての解説動画【動画紹介】

Comments


Trackbacks

 
12 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

11 01


 
 
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
 
オススメ
















 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2016冬(skylake世代)
用途に合わせてCPUやGPUを1ランク上げたり落としたり、SSDやHDDの容量を抑えたりすると、バランスもコスパも良いPCになるよ!金属パッドは殻割り用。



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS