Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【AviUtl】負荷軽減にはリサイズフィルタがオススメ!【Tips】

Edit Category Aviutl > 応用、Tipsなど

20161105022849

Blenderのカラーマップ(サイズ 1024x1024)を10回程、obj.getpixelで1点1点読み込み、そのままobj.putpixelで1点1点書き込むという無意味な処理をして、その時間を計測してみました。

1048576(=1024^2)を10回繰り返しているので、処理回数としては10485760回──つまり計10485760個の点を読み込んだり、書き込んだりしたということです。

上の画像で言えば、画面中央の0.623という数値が処理完了までに掛かった時間……さすが旧世代PC、遅すぎる。ヘ(゚∀゚ヘ)ヘ(゚∀゚ヘ)ヘ(゚∀゚ヘ)ポー!!

ちなみにこの処理を行うに際して、画像→リサイズフィルタ(50%)→計測用アニメーション効果という順でフィルタ効果が追加されている状態です。

 


20161105024311

一方、こちらは同じ処理を拡大率フィルタ(50%)で行った結果です。フィルタの順序は画像→拡大率フィルタ(50%)→計測用アニメーション効果という状態。

画面中央の2.525という数値が処理完了までに掛かった時間で、この数値はリサイズフィルタを使用した場合の約4倍

 

20161105024918

更にこちらはリサイズ(50%)や拡大率(50%)を追加せずに、画像をそのまま(拡大率100%)の状態で、画像→計測用アニメーション効果というフィルタの序列で計測したものです。

画面中央の2.577という数値が処理完了までに掛かった時間。

計測結果と比較

  • 何もなし(100%):2.577秒
  • 拡大率フィルタ(50%):2.525秒
  • リサイズフィルタ(50%):0.623秒

 

特に何もせずに計測したもの(オブジェクトの拡大率100%)と拡大率フィルタ(50%)を使って計測したものはほぼ同値。それに対して、リサイズフィルタ(50%)のものは1/4程度の値となっています。

20161105025819

更にリサイズフィルタ(25%)で同様の処理をした場合、処理に掛かった時間は約0.1567秒。これはリサイズ(50%)の処理の更に約1/4程度(100%のものから比べると、1/16程度)の時間!

 

計測結果からわかること

この結果から何がわかるかといえば、画像の縦横の長さが1/2になれば面積は1/4、縦横の長さが1/4になれば面積は1/16になるので、リサイズフィルタを使うと、それがそのまま処理時間にも反映されているということです。

つまりリサイズフィルタは縮小した場合、縦横の全ての点を読み込まず、リサイズの拡大率(リサイズの項目)の値に見合った必要な点のみ読み込んで表示しているということがわかります。

一方、拡大率フィルタは50%でも、処理に掛かった時間は何もなしの100%の状態と同じでした。ここから推察されるのは、拡大率フィルタの場合はその拡大率の値にかかわらず(実際に表示される面積にかかわらず)、縦横全ての点が読み込まれているということです。

 

結論という名のまとめ

20161105031930

ちょっとだけ検証記事っぽく書いてみましたが、つまりは大きめの動画ファイルや画像ファイルなどを縮小して使う場合、どうしても処理が重くなりがちです。

なので、リサイズフィルタと拡大率フィルタを使用した差が『もしも、見分けがつかない程度の差』であるのであれば、映像の大きさを変更する処理についてはリサイズ』フィルタを使ったほうが処理が軽く、加工編集作業もしやすく、その後のエンコード時間も短くなるのでオススメ!ということです。

 

また、リサイズの下位に追加する各フィルタ効果についても、上位のフィルタ効果(リサイズ(縮小処理)の場合は処理する画素数が少なくなる)が引き継がれるので、全体的な処理が軽くなる、という恩恵が受けられます

幾重にもフィルタを掛けて処理する人には、その影響が倍々になってくるものなので、画像や動画の縮小では、大きな見た目の差が出ないときはリサイズフィルタを使用することをオススメします。

 

 

20161105032558

実際、上の画像の細かな差異は見分けがつかないレベルですし……。まあ、写真等の画像になると、ちょっとした差が気になることが出てくるかもしれませんが、それでも、余程に細かく見る人しか気づかないレベルの……はずです、たぶん。

ちなみに左が拡大率フィルタ、右がリサイズフィルタです。見分けは……。

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - 映像制作  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【多機能エディタ】Sublime Text3 ポータブル版の導入と日本語化

Older Entry【Blender】Cyclesでホログラムっぽい質感を表現するためのチュートリアル動画【ノード設定】

Comments


Trackbacks

 
01 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

12 02


 
 
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
 
オススメ
















 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017新春(Kabylake世代)
用途に合わせてCPUやGPUを1ランク上げたり落としたり、SSDやHDDの容量を抑えたりすると、バランスもコスパも良いPCになるよ!金属パッドは殻割り用。



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS