【AviUtl】直感的に透明度を操作できるトーンカーブ補正(Alpha)を配布!【Script】

20161112134552

トーンカーブ補正(Alpha)は、各アンカーとそれが織り成す曲線で、動画や画像の各要素の透明度を変化させるスクリプト。追加できるアンカー数は4~16個。アンカー数を増やせば増やすほど、細かな範囲の透明度の操作が可能になる。

ちなみにこれまでに配布したトーンカーブ補正と同様に両端を除くアンカーは0~255の値を持っていて、モードによって選択された基準に合致する要素を持つ部分(画素)に効果は反映(限定)される。

……わかりやすく端的に言うと、暗い部分のみ透明化させたり、明るい部分のみ透明化させたり、R(赤)の255の要素を持つ部分を中心に透明化させたり……といったことが可能。

基本的には上位レイヤーにオリジナル画像を背景において、下位レイヤーにこのスクリプトを追加した画像+何らかのフィルタ効果という感じで使うのが吉かと……。

サンプル

20161112133844

風景写真にトーンカーブ補正(Alpha)を追加したもの。ただし、まだ補正せず。また、透明になった部分がわかりやすいように上位レイヤーに図形(背景・オレンジ)オブジェクトを配置。

 

20161112133910

これまで配布してきたトーンカーブ補正と同じように両端のアンカーを除く内側のアンカーには左が0、右が255の値(0~255の範囲)が割り振られていて、各アンカーの上下によって透明度をプラスマイナスしている。

上記の画像の場合は、モード:0(グレースケール基準)なので、グレイスケールで0の部分を中心に透明度をマイナス。つまり暗い部分が透過されて、背後の図形(背景・オレンジ)が表に出てきている状態。

モードや曲線の描き方を変えれば、空の部分のみを透明化することも可能。

 

 

20161112134643

こちらはBlenderで作った画像にトーンカーブ補正(Alpha)を追加したもの。床部分はあるものの、Blenderのレンダリング時に背景はもともと透過処理してあるので、最初から上位レイヤーに配置した図形(背景・オレンジ)が覗いている状態。

 

20161112134908

トーンカーブ補正(Alpha)をモード:0で、左から二番目のアンカー(0の値を持つ部分)を上に移動したもの。

Blenderで透過処理されていた部分の色の設定がグレイスケールで0だったようで、透明だった部分の透明度が上昇し、隠されていた黒が浮き上がってきている状態。

ちなみに別の色が設定されていれば、そのときはその色に応じたアンカーを上下させることで透明度が変化し、その色が出てくることになる。

 

20161112135231

アンカー数を7にして、適当な曲線を作ってみたもの。

 

20161112135446

アンカー数を7にして、適当な曲線を作ってみたものにグローフィルタを追加したもの。グレースケールで黒になる部分と灰色と白の中間くらいになる部分が透明化されている状態。

 

20161112135531

上位レイヤーに元画像、下位レイヤーにひとつ上の画像という配置にしたもの。ぼんやりと光る感じが強調されて、幻想的な感じに……。

 

項目解説

20161112135840

 

  • アンカー数:4~16個まで。両端を除くと、2~14個の操作点を作成可能。
  • 太さ:アンカーとアンカーを結ぶ線の太さ。
  • 強弱:両端を除くアンカーの上下に対する係数。
  • MODE:0→6までの7パターン。RGB(グレースケール)→R→G→B→RG→RB→GBの順で切り替わる。
  • Guid:両端を除くアンカーの描く曲線の表示・非表示の切り替え。

 

DL

 

Zip形式で配布しているので、DL後に圧縮解凍ソフトで解凍してください。また、中に入っているDLLファイルと同じ名前のDLLファイルが既にあるときは作成日の新しいものを上書きしてください。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment