【AviUtl】ヒストグラムで状態確認しながら補正できる明度補正スクリプトを配布!【Script】

20170114174014.jpg

 

『明度補正』は、ヒストグラムで明度の状態を確認しながら、明度の分布や範囲を補正できるスクリプト。

わかりやすく言うと、暗い部分のみを明るくしたり明るい部分のみを暗くしたり、明るい部分をより明るくしたり暗い部分をより暗くしたり……ということができる感じ。

つまり明るさの平坦化や強調ができるもの。

 

サンプル

20170114174457.jpg

補正前の元画像。

↓ ↓ ↓ ↓

20170114174545.jpg

補正後の画像

 

20170114174707.jpg

補正前のヒストグラム表示付き画像。

ちなみに色付きのヒストグラムは目盛り代わり。左の赤が明度0(暗い部分)で、値が上がるにつれてオレンジ→黄色→緑→青→紫→ピンク(明るい部分)と移り変わっている。

また、縦軸の長さがそれぞれの明度の画素の多さ。全体的に暗い画像なので、ヒストグラムの赤付近が高く、画像奥の窓の外部分の明るさが多分ヒストグラムのピンク部分の高さ。

 

20170114174643.jpg

補正後のヒストグラム表示付き画像。

補正した後なので、ひとつ上の画像のヒストグラムと比べると、明度の範囲が右にぎゅっと凝縮された感じで、黄色とピンク付近の高さがかなり高くなっている。

 

サンプル2

20170114180359.jpg

補正前の元画像。ヒストグラムの黄色の部分が多い(背景部分の灰色の市松模様が反映されているから)。

 

20170114180835.jpg

補正後の画像。ハイライトの値をマイナス方向に移動させたもの。ヒストグラム全体が左端にぎゅっと凝縮される感じになる。

 

20170114180908.jpg

補正後の画像。ハイライトの値をプラス方向に移動させたもの。ヒストグラム全体が右方向に拡散される感じになる。

 

20170114180943.jpg

補正後の画像。シャドウの値をマイナス方向に移動させたもの。ヒストグラム全体が左方向にズレて、最小値である0になり、ヒストグラムの赤部分の高さが増大している。

 

20170114181024.jpg

補正後の画像。シャドウの値をプラス方向に移動させたもの。ヒストグラム全体が右方向にぎゅっと凝縮される感じ。

 

20170114181112.jpg

補正後の画像。ハイライトをマイナス方向、シャドウをプラス方向に移動させたもの。明るい部分と暗い部分の差がなくなり、明るさが平坦化している。

 

20170114181148.jpg

補正後の画像。ハイライトをプラス方向、シャドウをマイナス方向に移動させたもの。明るい部分と暗い部分の差が顕著になり、明るさが強調される。

 

20170114181231.jpg

補正後の画像。ひとつ上の画像の設定+中間をプラス方向に移動させたもの。

 

20170114182944.jpg

補正後の画像。ハイライトをマイナス方向、シャドウをプラス方向に過度に移動させたもの。

項目解説

20170114182345.jpg

 

  • ハイライト:明度の高域を基準に増減。また、マイナス値のとき、明度の最大値変更。
  • シャドウ:明度の低域を基準に増減。また、プラス値のとき、明度の最小値変更。
  • 中間:明度の増減。また、ハイライトとシャドウの最大値や最小値に依存。
  • 強度%:効果の強さ。
  • 明度ヒストグラム:チェックを入れると、明度のヒストグラムを表示する。

 

 20170114182402.jpg

 

  • ヒストグラム階調:初期設定では0~100の段階で表示。
  • ヒストグラム高さ:ヒストグラムの高さの係数。
  • ヒストグラム合成:ヒストグラムが見えにくいときに変更すると吉。
  • pos:ヒストグラムの位置XYが保存される。

 

DL

 

Zip形式で配布しているのでDL後、圧縮解凍ソフトで解凍し、AviUtlのScriptフォルダにコピペしてください。

また、同梱されているDLLファイルは他のスクリプトでも使われているのものなので、同名のものが既にある場合は作成日の新しいものを残すようにしてください。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment