【AviUtl】画面上を対流しているように動く対流図形(カスタムオブジェクト)を配布!【Script】

20170529032649

対流図形は、背景素材としての使用をイメージして作成した、個々の図形が対流しているかのような動きをするカスタムオブジェクト。

ちなみに背景素材のイメージで作成したけれど、必ずしも背景として使わなければいけないわけではない(後述のサンプル等参照のこと)のであしからず。

 

ちなみに時間差での表示をさせるためにこのオブジェクトの先頭位置での初期化(フレーム読み込み)が必須になっているので、出力時等は必ずオブジェクトの先頭が出力範囲に含まれるようにして下さい。

背景っぽくない使い方のサンプル

20170529034110

図形のサイズを大きくして、X補正の値を小さくし、波紋フィルタを加え、その速度の値を減らしたもの。

 

20170529034332

上の画像のものの、図形の個数を減少させ、グローフィルタを加えたもの。

 

20170529034938 20170529035022

上の状態のもの+下位レイヤーに画像オブジェクトという配置にして、画像オブジェクトの上で右クリックし、『上のオブジェクトで クリッピング』したもの。

画像オブジェクトの重なっている部分が対流図形の各図形の出現に合わせて、現れたり消えたりする感じになる。

上のサンプルは画像を使った静止画だけど、集合写真だったり、MMD等の動画だったりを使えばいい感じになるかも……。

 

項目解説

20170529032724

 

  • 速度:図形の移動速度の最大値。※
  • X補正:X方向の移動範囲の補正。
  • Y補正:Y方向の移動範囲の補正。
  • 回転:図形の回転速度の最大値。※
  • Guid:各図形のステータス表示。(製作時の確認用なので使用者には不要)

 

※ これらの値を最大値にして、各図形にランダム値が割り振られる。

 

 

20170529032743

 

  • 個数:表示する図形の個数。
  • 図形選択:表示する図形タイプの選択。
  • サイズ:図形の基本サイズ。
  • 線幅:図形の線幅。
  • 出現最小時間:出現時間の最小値。
  • 出現最大時間:出現時間の最大値。
  • SEED:乱数を取得するための値。
  • サイズR:チェックを入れると、図形サイズで指定した値を最大値にして、各図形にランダムなサイズが割り振られる。
  • 移動方向R:チェックを入れると、図形が異なる方向に移動する。
  • 色相範囲:図形の色相範囲の指定。
  • X範囲補正:画面サイズ(表示範囲)のX方向の補正。
  • Y範囲補正:画面サイズ(表示範囲)のY方向の補正。

 

DL

 

 

  1. 『スクリプトの保存→導入までの流れ』 リンク先のTXTが文字化けしている場合は、ブラウザの文字エンコーディングをSJISに変更する。
  2. FC2 のファイル保存形式上の都合でtxtファイルで保存されているので、上記のリンクの上で右クリックして『リンク先のファイルを保存する』を選択してファイルを保存するか、リンク先のページに飛んで『Ctrl + A』で全てを選択し、メモ帳等にコピペ&S-JISで保存する。
  3. 保存(作成された)ファイルの拡張子をtxt → objに変更する。
  4. AviUtlのScriptフォルダにコピペする。

 

拡張子の変更例:対流図形.txt → 対流図形.obj

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment