【2017年夏】10万、15万円で組むコスパの良いRyzen PC【動画編集や3DCG向け】

20170622164246
Thermaltake - Japan - The Tower 900 - CA-1H1-00F1WN-00

Ryzenの登場によってAMDが逆襲を開始し、窮地に立たされたINTELがCore i9シリーズを発表。そこにAMDが……を対抗馬としてぶつけてきた……というのがCPU界隈の現在。

ちなみに最近INTELとAMD双方から発表された話題のCPUはどちらもハイエンドCPUやサーバ向けなので、これは高性能だけれども、まだまだヘビーユーザーでもなければちょっと手の出しにくいお値段(MB等もお高くなる!)。

なので、ミドルエンドユーザーのメインターゲットとなるCPUは相も変わらずINTELならばCore i7やi5シリーズだし、AMDならばRyzen7や5といった感じ。個人的には、CPU以外(MB)のコスパを考慮に入れて、AMDのRyzen7 1700か、Ryzen5 1600辺りで組むのがオススメ

 

ちなみにこれまで通りに想定している使用環境は動画編集や3DCG向けのコスパに優れたもの。ゲームはまだIntelのCore i7やi5のほうが向いているけれど、余程のハイスペックを要求するゲームの、それも最高品質でプレイするというのでなければ、Ryzenで特に問題なし。

ちなみにゲーム目的で複数のNvidia系のGPUを挿してSLIをするのであれば、MBはハイエンドのX370が必要なのでそこだけは注意。

10万~15万円で組むコスパの良いRyzen PC

10万円で組むコスパに優れたRyzen PC 15万円で組むコスパに優れたRyzen PC
27k+13k+13k=53k 38k+15k+15k=68k
16k+11k+8k+10k+4k=49k 33k+11k+8k+12k+9k=73k
53k+49k=102k 68k+73k=141k
------------- -------------
12k 21k

10万円で組むほうのタイプはOS代がちょっと不足。できることならば、ここはちょっと無理をしてでも、このままの構成でOSを買う感じで行きたいところ。

ただ、どうしても予算が足りずに10万円以内に収めたいとするならば、メモリを16GB→8GBに、SSDを256GB→128GB、HDDを3→1TB、電源を650WのGold→650WのBronze等にする(※)ことで10万円以内に収まるかと……。

※ 記事を書いている現在での参考価格。変動が激しい一部のパーツは時間とともに結構値段が変わるので注意。

 

※ 全てをダウングレードする必要はなし。予算や都合に合わせて必要な範囲内で……という感じ。

 

ちなみにこれが絶対の構成ではなく、やりたいことに応じて変化させてもOK。ただ基本的にはCPUやGPU、SSD辺りのアップグレードやダウングレードになるだろうけど。サードパーティ製のCPUクーラーを使用するときはAM4に対応しているか、PCケースに収まるか確認が必要。

CPU

コスパを考慮すると、Ryzen一択という感じ。動画編集やエンコード、3DCGをするのであれば多コア多スレッドのCPUのほうが有利。

一方で、ゲームに特化したPCを組みたいのであればCore i7 7700K辺りで組んでもいいかも……。まあ、余程にハイスペックを要求してくるゲームで、最高品質の環境を求めない限りは明確な差が出ないので、やっぱりオススメはRyzenだけど……。

 

MB

選択肢になりそうなSocket AM4のMBの規格はX370(レーン数8、SLI、OC可)とB350(レーン数6、OC可)のマザーボード。エントリー向けのA320はお安いものの、OCできないし、PCIEのレーン数も少ないので今回は除外。もちろん、OCしないし、コスパ優先という人はA320でもOK。

個人的にはGPUを2枚刺しにしてSLIでもしないのであれば、コスパに優れたミドルエンド向けのB350がオススメ。もちろん、SLIを構築したり拡張性重視であればハイエンド向けのX370でOK。

最近は各社からBIOSのアップデートが行われて、メモリ周りの動作が改善されている様子なのである程度安心。

 

メモリ

発売直後のRyzenはメモリ周りが何かと面倒だったけれど、最近はMBのBIOSのアップデートでどうにかなるものも出てきている感じ。とはいえ、やはり安心感のあるシングルランクのメモリがオススメ。

また、MBの製品ページに動作確認したメモリのリストがあるので、そちらを参考にしながら選択するのが必須。つまりMBを決めて、どれがどの速度で動くのかある程度確認してからメモリをチョイスするのが正しい買い方。

ただし、日本でよく売られていているメモリの名前が掲載されていないことも多々あるようなので、その場合はメモリの型番+Ryzen等の名前でネット検索をかけるのが吉。よく売られているメモリの場合はレビューや記事が大体出てくる。

 

ちなみにメモリの価格面では相変わらず高騰したまま。当分はこんな感じの値段なので、この部分のコスパは諦めるしかないかも……。どうしても安く買いたい場合は、海外からの直輸入という方法があるけれど、英語が読めて、初期不良等のトラブルに対応できるメンタルのある人だけにしておいたほうが無難。

GPU

コスパに優れたGTX1050TiとGTX1060をチョイス。3DCGやゲームをよくやるというのであればGTX1060以上をチョイスするのが無難。あまり3DCGやゲームをしないというのであればGTX1050Tiにしておけば、ある程度、先まで問題なく使えるはず。

 

ちなみにAMDのRx580やRx570が一部で人気を博している感じ。ちょっと前は投げ売り状態だったRx480やRx470が人気だったけれども、それとはちょっと違って最近は仮想通貨ビットコインのマイニングで使うために業者が買い漁っているという話があるので、品薄状態。

最近ではそのせいでGTX1060辺りにも余波が出ているとか何とか。つまり何が言いたいかというと、GPUが値上がり傾向の中にある、ということ。

ただ、どこでも言われているけれど、この手の話が表に出てきた時にはもう時期を逸していることが多いので、買い漁りはいつまでも続かず、そのうちに値が下がるはず。

本来の一般ユーザーの動向としては、期待値の高いVega(AMDの次世代GPU)の発売待ちの人も多いかも……。個人的には待つ余裕があるのであれば、Vega待ちでいいかと。ただ暫くはご祝儀相場や品薄が続くと思われるので、その辺は注意。

SSD

これも相変わらず高騰したまま。こちらも当分はこんな状態が続きそうなのでコスパに関しては諦めたほうがいいかも……。

価格が高騰したままなので、未だに256GB辺りが一般的な容量。記事を書いている現在だと、通常のSSDや通常速度のM.2が10K程度、ハイパフォーマンスのM.2タイプが15K~といった感じ。

 

ちなみにM.2は排熱のためにヒートシンクを付けることが常識になった感じ。

HDD

3TBがだいぶ値頃感が出ている一方で、4TBが微妙に値下がりせずに(嫌な感じで)頑張っている感じ。

 

CPUクーラー

コスパ重視のためにリテール品を使用。過度なOCをしない限りはリテール品でOKのはず。ちなみにOCする場合はサイズの忍者4辺りがよく冷えると評判なのでオススメ。

 

PWD

600W以上、Gold認証のものでピックアップ。以前からオススメのクーラーマスターのセミモジュラータイプのものと、元Seasonic社員の人が興したCyonicというメーカーのフルモジュラータイプもの。

どちらも安心の5年保証。105℃日本製コンデンサー使用。

PC CASE

PCケースは安くて評判の良かったSAMAのものと、安くて拡張性に優れたThermaltakeのケースをピックアップ。

どちらも左サイドがアクリルパネルで中が覗けるタイプ。コスパにも優れているのでオススメだけど、結構厳ついのでインテリア性はあまりないかも……。

OS

OSはWindows10。アップデートのバージョン的に現時点では『Creators Update版』が最新だったのだけど、旧バージョンとの価格差が激しかったので安かったAnniversary版のほうを貼り付け。

別にAnniversary版であっても、インストール後に『Creators Update版』へのアップデートが行われるので問題はない。最初から最新のものが良い!という場合は、『Creators Update版』を選択すればOK。数千円分高いけど……。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment