【Blender】サンプリングの値とノイズの関係のつづき

RoomD0R3L10test

前回のサンプリングの各値を変更させると、レンダリング結果(主にノイズに注目)がどうなるのかという記事の続き。

ちなみに直接値と間接値の値を弄ることで、ある程度のノイズを抑えたり反射の感じが変わることがわかったものの、何をどうするとベストなのかは今ひとつ不明。

ただ、ノイズがはっきりと出ているときは間接値に小さな値を設定してやると良さそう。直接値は設定しないか、あるいは設定するのであれば小さめの値ではなくて、ある程度大きめの値のほうがベターっぽい?

まあ、結局はレンダリングという結果を見ながら最も良さそうな値を設定するというのがベターな方法なのかも・・・。

直接値と間接値、Lightの組み合わせ

d3r3Light

直接値:0.03、間接値:0.03、Light:0.01のもの。直接値の値を上げたことで全体的に薄暗く、のっぺりとした感じになる。あまり良い組み合わせではないのかもしれない。

d100r6Light

直接値:1.00、間接値:0.06、Light:0.01のもの。直接値を更に上昇させ、間接値の値もちょっと上昇させる。ノイズも少なく、柔らかい感じになる。そこそこバランスが良い?

d3r100Light

直接値:0.03、間接値:1.00、Light:0.01のもの。直接的に光を受けている部分がかなり薄くなっていて、反射光と思われる部分のほうが明るくなっている。

d0r3Light100

直接値:0.00、間接値:0.03、Light:1.00のもの。Lightの値を上昇させて、どうなるのか試行したもの。暗い部分にノイズが強く出ている。影に深みあり?

d0r3Light100

直接値:0.00、間接値:0.03、Light:0.50のもの。Lightが1.00のものよりはやや周辺が明るい印象。

d0r3Light0

直接値:0.00、間接値:0.03、Light:0.00のもの。Lightの値が1.00や0.50のものよりも周辺が明るく、オブジェクトに落ちた影が気持ち薄い感じ?

d1000r3Light50

直接値:10.00、間接値:0.03、Light:0.50のもの。

まとめ

  • ノイズが出ているときには、間接値に小さな値を設定してやるのは有効。
  • 直接値は小さい値を設定すると、のっぺりとした薄暗い感じになる。大きい値を設定してやると、設定しないとき(0)のときに近づく。ただし、あまりノイズは消えない。
  • Lightの効果は影の強弱(それほどはっきりとしたものではないが、よく見ると印象が違う)?





    Fire TV Stick

    4K対応 Amazon Fire TV
    関連記事
    スポンサーサイト

    0 Comments

    Post a comment