【Blender】髪の質感が悪くない感じになったのでちょっとしたメモ

Blender20170721000000005

上の画像はBlenderで人の頭部を作り、AviUtlで背景と合成&フィルタで修正してPNGに書き出したもの。如何にもゲームの登場人物という感じのデキ。最近の3DCG界隈ではかなりクオリティが上昇していて、いよいよ不気味の谷を超えるのかという感じになってきているけど、自分は当分、谷底を這い回ることになりそう……。

とりあえず眼球がそれっぽくないし、モデリングでもテクスチャペイントでも雑な部分が多い。マテリアル設定で言えば、肌の質感を出す設定(ノーマルマップ等の使用など)もサッパリで、肌のざらつきというかそういうものが出てない。UVマップにおける鼻や口元の頂点が密集したり、重なったりしている部分が未修正なので、その辺が色々とおかしい。

背景のレンガ部分に関しては別途作成して書き出し、AviUtl上で色調補正やぼかし、グラデーション等を掛けて顔の画像の上位レイヤー(奥側)に配置。Blenderでそれらをやれないことはないけれど、カメラの設定やぼかし、更にはグラデーションが綺麗に掛かるように設定してアレコレするのは面倒臭い……。

ちょっとしたメモ

Blender20170721000000002_thumb.png

髪の毛は頭部をコピーしたものに対して、不要部分を削除し、パーティクルを発生させただけ。前髪や横の髪、後ろの髪等の区分はせず(本当はした方がいい)、カット等もしていない(した方がいい)ために長さも均一。ただ櫛で梳かして、意識的に横から受けた風に靡いているような感じにしただけ……。

Blender20170721000000004_20170725192502689.png

レンダーで書き出したときのキャプチャ。髪の質感が今ひとつだったので、ミックスシェーダーにノイズテクスチャを混ぜて込んでみたところ案外、悪くない感じになる。ただ光沢を使わなかったので、髪質はパサパサww

少しこの設定を基準にして、髪質がそれっぽくなるように試行錯誤するのもいいかも……。



Blender20170721000000004

マテリアル設定(ノード設定)の詳細。異なる色の部分があったほうが髪の流れがはっきりとして、印象的には良好だけれども、色が強すぎると違和感が出る。ちなみにAviUtlで補正しなかった場合の髪(オリジナル)は色温度が低く、やや暗めなので、改善させるなら色艶とその辺を改善するのが無難。




SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 580 8G GDDR5 OC グラフィックスボード

MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment