【AviUtl】上書きとクリッピングが選択できる放射状効果線を配布!【Script】

WS2017KM000004

放射状効果線は動画や画像、図形オブジェクトに追加して使用するアニメーション効果で、追加したオブジェクトに放射状の効果線を上書きしたり、クリッピング※したりすることが可能。効果線の長さや太さ、密度、色、合成モード、配置位置、中心からの距離等を変更可能で、使い方によってはワイプ風の登場退場効果にもなるかも……。


WS2017KM000007 WS2017KM000006

※合成の項目の値を変えることで、効果線の書き込まれた部分をないものとして扱う(クリッピング。黒で塗り潰されるのとは異なる状態)ことが可能。結果、ギザギザした吹き出し的な感じになるし、上の画像の黒い部分は透明なので、背景等を配置すればそれらが見えるようになる。

項目解説

WS2017KM000008

  • X:効果線のX位置指定。
  • Y:効果線のY位置指定。
  • 合成:0で上書き、1でクリッピング。
  • 回転:効果線を回転させる。
  • 横%:効果線の個々の横幅指定。
  • 縦%:効果線の個々の縦幅指定。
  • 密度:効果線の密度指定。
  • 距離%:基本距離に対する%で距離指定。
  • ランダム距離:チェックを入れると、中心からランダム距離。外すと、中心から均等距離。


設定内の項目

  • 基本距離:中心からの基本距離を指定。
  • Size:効果線個々の基本サイズ。大きいほど高精細。
  • Color:効果線の色指定。
  • SEED:ランダム値を取得するための値。


※ 放射状効果線は2つで1つのアニメーション効果なので、使用時には1/2と2/2が必要。順番は1/2が先で、2/2が後。

DL

201707301640001



  1. 『スクリプトの保存→導入までの流れ』 リンク先のTXTが文字化けしている場合は、ブラウザの文字エンコーディングをSJISに変更する。
  2. FC2 のファイル保存形式上の都合でtxtファイルで保存されているので、上記のリンクの上で右クリックして『リンク先のファイルを保存する』を選択してファイルを保存するか、リンク先のページに飛んで『Ctrl + A』で全てを選択し、メモ帳等にコピペ&S-JISで保存する。
  3. 保存(作成された)ファイルの拡張子をtxt → anmに変更する。
  4. AviUtlのScriptフォルダにコピペする。


拡張子の変更例:放射状効果線.txt → @放射状効果線.anm




Thermaltake NIC L32 TDP180WサポートのCPUクーラー 日本正規代理店品 FN723 CL-P002-AL14RE-A

サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment