Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【Windows Media エンコーダ】20Mbps以上の神画質プロファイルを作る【プロファイルエディタ】

Edit Category その他動画系

Windows Movie Maker(Windows、ムービーメーカー。以下、WMM)で高画質動画の作成に欠かせない「Windows Media エンコーダ」の「プロファイルエディタ」で、ビットレートが20Mbpsを超える神画質用プロファイル(?)の作り方です。

今シーズンはメーカー各社から最高画質24Mbpsなどのビデオカメラが発売されているので、そうしたもので撮った動画をWMMで編集加工し、WMVで劣化させずに書き出したいときには結構、役立つかも……。

但し、この方法で数値上は20Mbps以上の超高画質プロファイルを作れるのですが、それがWMMで書き出される動画に本当に反映されているのか、人の目で確認できるほどの効果があるのか、モニタの兼ね合いもあるので、自分でもちょっと疑問だったりします。

特に書き出した動画が元の動画よりも劣化しているのであれば視覚的にもわかりやすいのですが……、そもそも超高画質のプロファイルが必要になる程の高ビットレートのビデオカメラで撮影したような動画を確保するのが困難なので、そうなると、どうしても元の生動画と比較できないわけでして……。orz

それでも、ビデオカメラの高画質化が進んでいけば将来的に役に立つかもしれませんし、あるいは既に20Mbpsを超えるビデオカメラを持っているという方は、WMMで動画を編集加工するなら試してみる価値はあるかと思います。

一応、Ψ(`∀´)Ψケケケのほうでもネットを彷徨って、30Mbps程度のビットレートがある動画をサンプルを入手して比較してみました。

(2009/02/22 誤字訂正)

 

20Mbps以上の超高画質のプロファイルの作り方

 

20090215134143

プロファイルエディタを起動し、オーディオとビデオを設定します。

 

20090215134213

対象ビットレートをクリックすると、「ビットレートの追加」が表示されるので、ここでは4Kbps~20Mbpsの範囲で値を入力します。範囲内なら値は何でもいいです。

※「説明」のところを他のプロファイルと同じにしてしまうと、WMMの書き出し時に折角作ったプロファイルが表示されないので、「説明」はプロファイルごとに変更してください。

 

ちなみに、表示ではギガビットまで指定できるはずなのに……それ以上の値を入力すると、

20090215135636

こんな感じで、エラーとなってしますので、ここでは焦らずに範囲内の値を入力してくださいな。

 

20090215134309

とりあえず前の画面でエラーを回避するために「20M」と入力したときの状態です。今回の記事はビットレートだけを設定しているので、ビデオサイズなどの他の数値の設定は必要に応じて変更してください。

 

20090215134422

ビデオビットレートに「40M」と入力してみました。

 

20090215134607

ビデオビットレートに「1G」と入力してみました。
(キャプチャーは、自動で「1000M」に書き換わっています)

 

20090215140801

ビデオビットレートのMAXは大体「2.1G」みたいです。これを超えると、

 

20090215141048

こんな感じで、エラーが出ました。

「1G」と入力すると、自動で「1000M」に変わるのに、やっぱりエラーでは許容範囲が「4Kbps~20Mbps」になっています。果たして……Σ(・ε・;)

 

 20090215134700

20Mbps以上のビットレートを指定したまま「全般」に戻ると、「全般」の「対象ビットレート」にも「1000.2Mbps」の表示が……。

あとは、このプロファイルに名前をつけて保存し、以前紹介したようにC:\Program Files\Movie Maker\Shared\Profilesに保存して、WMMの動画の書き出しのときにこのプロファイルを指定するだけです。

 

解析結果

以下がWindows Media エンコーダのプロファイルエディタで、数種類の「20Mbps」以上のプロファイルを作成し、同一の動画をWMMで書き出した後、書き出した動画を真空波動研Liteで解析してみた結果です。

 

20090215153914

[SANY00011.MP4] ※元ファイル(ネット上から拾ってきたもの)
1920x1080 24Bit AVC/H.264 High@4.2 59.94fps 722f 30924.20kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 128.00kb/s
MP4 v2
[MPEG4] 00:00:12.045 (12.045sec) / 46,956,544Bytes

[ムービー_0004.wmv] ※20Mbps、30fpsで書き出したもの。
1280x960 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 29.97fps 19991.00kb/s
Windows Media Audio 10 Professional 44.10kHz 24Bit 2ch 192.04kb/s
[WindowsMedia] 00:00:12.000 (12.000sec) / 31,254,082Bytes

[ムービー_0007.wmv] ※20Mbps、60fpsで書き出したもの。 ★基準
1280x960 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 60.00fps 19991.00kb/s
Windows Media Audio 10 Professional 44.10kHz 24Bit 2ch 192.04kb/s
[WindowsMedia] 00:00:12.000 (12.000sec) / 34,566,082Bytes

[ムービー_0005.wmv] ※40Mbps、60fpsで書き出したもの。
1280x960 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 60.00fps 40000.00kb/s
Windows Media Audio 10 Professional 44.10kHz 24Bit 2ch 192.04kb/s
[WindowsMedia] 00:00:12.000 (12.000sec) / 62,062,082Bytes

[ムービー_0006.wmv] ※1Gbps、60fpsで書き出したもの。
1280x960 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 60.00fps 1000000.00kb/s
Windows Media Audio 10 Professional 44.10kHz 24Bit 2ch 192.04kb/s
[WindowsMedia] 00:00:12.000 (12.000sec) / 127,478,082Bytes

(どのムービーも元ファイルをWMMに読み込ませ、何も編集せずに「ビットレート」と「fps」のみ変更した数種類のプロファイルで書き出したものなので、あしからず……)

 

解析結果からもわかりますが、ムービーの0004と0007は、元の動画よりもビットレートが小さい「20Mbps」の「29.97fps」と「60fps」のプロファイルで書き出したもので、これらはプロファイルが「20Mbps」を超えると、WMMにプロファイルが反映されないのではないか(プロファイルエディタの許容範囲を超えるため)という懸念に基づき、各数値の基準値とするために書き出しました。

各ムービーの数値を比較してみると、ビットレートが上昇すればするほどファイルサイズも上昇しているのが確認できます。なので、一応はWMMで20Mbpsを超えるムービーも書き出せる(たぶん)……と考えていいと思います。もっとも、1Gbpsのファイルサイズはちょっと微妙という感じがしないでもないですが……。

また、1Gbpsの0006を再生すると、1280*960のムービーとは思えない重さでしたww WMVだけあってWMPでの再生が比較的軽い感じでした。

各プロファイルの画質のほうですが、結局、最初に懸念したとおり、効果が出ているのか否かモニタなどの兼ね合いもあり、なかなか判断のつかないレベルでした。orz

 

関連リンク

 

FC2ブログランキング →
関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - 動画  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【動画】動画関係の記事 暫定版【まとめ】

Older Entry【動画共有サイト】Vimeoのアカウントの獲り方とオリジナルファイルのDL方法【海外】

Comments


Trackbacks

 
05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04 06


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017春(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。予算に余裕が有るのであれば、1700Xや1800XでもOK。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS