【H.264】Aviutlの簡単な使い方【Aviutl】

動画編集に興味がある人ならば、誰でも知っているAviutl。ただ、数多のプラグインの中から自分で必要なものを選んで導入しなければいけないため、初心者にはちょっと敷居の高いソフト。

 

20090331075050

 

Ψ(`∀´)ΨケケケのPCにも一応は入っているものの、普段はMediacoderでお手軽に済ませてしまっているため、常用はしていません。Aviutlでエンコしたほうが綺麗にエンコできるのですが、エンコに必要な時間と画質を相対的に考慮すると、現在はそこまでの高画質動画を必要としていないので……。

 

Aviutlに必要なプログラムをネットからダウンロードする。

今回は、Aviutlをニコニコ動画やzoomeにMp4(H.264)で投稿できるような状態にすることを目的とするので、他に必要なプラグインがあるときは別途、導入してください。

 

『とりあえずMp4(H.264 + AAC)で出力するために必要なプログラム』

このほかにノイズ除去系やシャープ系、インターレース解除系などのプラグインがあったほうが動画を綺麗に処理することができるけど、とりあえずMP4(H.264 + AAC)で必要なものはこれだけ。

DirectShow File Readerプラグインを使うことで、Avi以外のファイルも読み込み可能。また、他のプラグインに関しては、下記の関連リンクに余所様の有名なプラグインリンク集のリンクを貼っておいたので、活用されたし。

 

準備

上記の圧縮されたファイルをダウンロードしてきたらそれぞれ解凍する。解凍したファイルには、複数のファイルがあるが、全てのファイルを使用するわけではないので、必要なファイルをAviutlの所定フォルダにコピーしなければならない。以下、その詳細。

+++++++++++++

Aviutl[ 親フォルダ ]
--- aviutl.exe (元からあるファイル)
--- aviutl.txt (元からあるファイル)
--- aviutl.vfp (元からあるファイル)

--- x264gui.auo
--- x264gui.ini
--- mp4input.aui
--- mp4export.auf
--- neroAacEnc.exe
--- de_input.aui
--- de_input.ini

--- Plugins[ 子フォルダ ]
---
---

+++++++++++++

本来ならば、プラグインはPluginsに入れるのですが、プラグインによってはaviutl.exeと同じフォルダ内にコピーしてやらないと動かないものがあるので、プラグインをダウンロードしてきたら、同梱されているであろうテキストをよく読んで、コピーしてください。

Ψ(`∀´)Ψケケケが導入しているプラグインの一部

20090401095852

先日、紹介した「ぷらいばしーぷろてくと」。1コマずつ動画を進めながら、X,Y、Width,Height、小領域、ぼかし度などを変化させて、動画にモザイクを入れていく。

 

20090331075141

同じく「モザイク処理フィルタ」。こちらは下記の「拡張編集プラグイン」と併用したほうが使いやすいかも……。

20090331075201

複数のレイヤーを重ね合わせることができる「拡張編集」。

 

ファイルの出力(H.264)

20090331075309

  1. ファイル
  2. プラグイン出力
  3. 拡張x264(GUI)
  4. ファイル名の入力
  5. ビデオ圧縮をクリックして詳細設定
  6. 保存

ファイルの出力(無圧縮AVI)

20090331075344

  1. ファイル
  2. プラグイン出力
  3. AVI出力
  4. ファイル名の入力
  5. ビデオ圧縮をクリックして、未圧縮を指定。
  6. 保存

 

関連リンク

 

 

FC2ブログランキング →
関連記事
スポンサーサイト

1 Comments

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

最新版

X264のリンク先を含めて最新の情報はhttp://madeinpc.blog50.fc2.com/blog-entry-580.html
にあります。

2011/08/09 (Tue) 21:42 | REPLY |   

Post a comment