【Picasa3】簡単な使い方【ムービー作成も可能】

 

0001 Picasa 3: Google から無料でダウンロードできます

 

Picasa3でできること

  • 画像の管理
  • 画像のレタッチ
  • コラージュの作成
  • ムービーの作成
  • アップロード
  • 印刷
  • Google Earthに画像の埋め込み
  • オンラインプリント注文

結構、色々とできるわけだけど、やっぱりメインは画像(写真)の管理。もっとも、個人的にはムービーの管理に使っている感じ……。コーデックやスプリッタが揃っていれば、MP4ファイルの表示も可能。

Picasa上での再生はFullHDとかになると重いし、インターレースが解除されていないものは、ちらつきが激しい。ただ、ファイル管理ソフトとしてはそれで十分なので、問題はないけど。

 

Picasaの使い方

基本的には、特に説明も要らず、直感的な操作で使えるはず。ただ画像の管理は、指定したフォルダを追加する方法で、限定的に行ったほうがいいかも。つまりHDDに画像用のフォルダを作り、そこに写真や画像を保存して、Picasaにそのなかのフォルダだけ監視させる。

この方法の利点は、自動検索に時間が掛からないこと。一時的に保存しただけの画像などはPicasaに読み込まれないこと。

 

もし、Picasaの使い方がわからないときは、

  • Picasa スタート ガイド
  • 画像の管理方法
  • Picasa で写真を共有する方法

Picasa 3 - Picasa ヘルプに、上記の三つのカテゴリーに分けられて説明されている。もし、直感的にPicasaが使えなかったときは、参考にしてみるといいかも。あるいは、普通に「Picasa3 使い方」とかで検索をかけても良いと思う。

 

共有するときの注意点

もっとも、個人的には、Picasaで使い方を調べたくなるような機能は、ネット上で写真を共有しようとする場合ぐらいだと思う。去年の夏あたりだったか、共有コンテンツの公開設定をせずにネットにアップロードするお馬鹿さんがいて、個人情報が大公開!で騒ぎになったことがある。

写真を共有しようと思ったら、まずはアップロードするサイトごとの公開、非公開の違い、正しい設定の仕方、間違ってアップロードしてはいけない写真をアップロードしてしまったときのために公開の中止方法、削除の方法などを調べておいたほうが安心。

ただ、プライベート写真のネット上の共有はあまり意味があるとは思えないので、離れた家族や友人に写真を見せたいときはCDやDVDに焼いて渡すか、簡単に解析できないようなパスワードをかけたZipで圧縮して相手のPCにメールで添付するかしたほうがいいような気がする。

勿論、後者の方法は微妙だし、相手の回線がブロードバンドであることと、解凍用のパスワードは写真を添付したメールとは別に送る(ケイタイなど)必要が出てくる。

ちなみに公開目的で撮影した動画や写真は、個人的なものであっても、プライベートとは思っていないので、そういうものはガンガン公開すればいいと思う。ただし、世の中には常人の理解を超えて、彼岸に行ってしまっている人間もいるので、そういうリスクを覚悟の上で。

また、一枚の写真、一本の動画では個人情報がバレなくても、それが複数になることでバレてしまうこともあるので、写真や動画を公開するときはその辺のことも考えてアップロードしたほうがいい。

 

その他

ムービーやコラージュの作成に関しては、フォルダやファイルを選択することで可能。作成されるムービーは確かWMVだったはず。WMMよりは簡単に作成できるが、あくまでもオマケという感じで、選択できる機能の幅は狭い。(出力する動画の設定など)

また、Print Screenでキャプチャが可能だとか。使ったことないけど。スクリーンセーバーも作れるし、画像のプレビューは便利。簡単なレタッチならば、Gimpを立ち上げるよりもこちらを使ったほうが楽。デジカメなどからのファイルの取り込みもできる。

日付、コメント、タグ、顔出しなどの機能あり。不満らしい不満といえば、複数ファイルの一括リネームが行えないぐらい。もっとも、同一名のファイルがあったときは自動でリネームされる。

このようなことになるのはxactiの充電時にファイルもこまめに移動させているからで、兎に角、ファイル名が同一になってしまうことが多い。orz ただし、これに関しては以前、このブログでも一度、紹介したNameryという便利なリネームソフトがあるので、それほど困ってはいない。

 

総合的には、画像管理ソフトとしては結構、評価が高いと思う。簡単なレタッチもできるし、何よりもプレビューが便利。

 

 

FC2ブログランキング →
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment