【Youtube】動画のアップロード等【Howto】

またまた今更という記事ですが、Youtubeに動画をアップロードする方法を……。(/ω\)ハズカシーィ

必要なもの

  1. メールアドレス
  2. 投稿する動画

準備

  1. メールアドレスを使って、Youtubeのアカウントを作る。(Gmail等Googleのアカウントがあれば、それを流用して一元管理可能)
  2. 投稿する動画の用意。(著作権等に注意)

アップロードする動画の規格(推奨)

  • 1280x720 (16:9 HD) および 640x480 (4:3 SD)
  • 映像コーデック:H.264、MPEG-2、または MPEG-4
  • 音声コーデック:MP3 または AAC
  • サンプリングレート:44.1 kHz
  • チャンネル :ステレオ
  • 音声コンテナ:MPEGTS (MPEG2 トランスポート ストリーム)

ビットレート、フレームレート等は特に制限がないみたい。……というか、再エンコが前提となっているようなので、この辺はzoomeやニコニコ動画とは少し違う感じ。

また、生ファイルを編集せずにそのままアップロードするならばあまり関係ないけど、編集するのであればアスペクト比の設定には注意が必要。

最終的にアップロードする動画のアスペクト比が「16:9」なのか「4:3」なのか考えた上で、エンコードしたほうがいいかも……。

そうしないと、「16:9」の動画のなかに左右に帯の入った小さな「4:3」の動画があり、更にその「4:3」の動画の中に上下に帯びの入った小さな「16:9」の動画ある……という奇妙な動画になりかねないので。

引用記事:詳細 : 動画のアップロードを最適化する - YouTube ヘルプ

動画をアップロードする際は、レターボックスやピラーボックスを含めず、元の動画のアスペクト比を維持するようにしてください。

解像度に関しては、現状HD画質でアップロードするのが望ましいみたい。ファイルのサイズは1GB以内、再生時間は10分以内。10分を超えるものに関しては、分割して投稿する必要あり。

 

アップロード

  1. 作成したアカウントにログインする。
  2. Youtubeのページの右上にある「動画をアップロードする」をクリック。
  3. 動画の情報やタイトル等、必要事項を入力する。
  4. 公開、非公開の選択。
  5. 「動画のアップロード」をクリック。
  6. 「参照」をクリックして、アップロードする動画ファイルを選択。
  7. 「動画のアップロード」をクリック。
  8. Youtube上でエンコードが行われるので、ひたすら待ち続ける。

動画のアップロードが成功したらOK。失敗したら、下記の関連リンクのYoutubeのヘルプを参考にしてアップロードのやり直し。

ちなみにアップロードする生ファイルは将来、Youtubeが更なる高画質化したときに現在、再生されている動画よりも高画質で再生できるようになる可能性があるとかないとか……。つまりアップロードされた生ファイルは現状、再生されなくても、Youtube鯖内に保存されているということ。

そういう意味では、無駄に高画質な生ファイルをアップロードしておくのもひとつの手。だけど、編集等にエンコの時間やマシンパワーを必要とするし、何となく勝手に保存されているようで気持ち悪い人は、ほどほどの画質の動画をアップロードしておいたほうが無難かも……。

ただし、その場合は現状、Youtubeには動画の差し替えができない仕様なので、将来、高画質の同じ動画をアップロードしたくなっても、それまでのページビューなどが引き継げないことを念頭においておく必要あり。

その他

YoutubeはWindows Movie Maker(WMM)の保存ファイル(MSWMM)を使ってアップロードすることも可能みたい。この場合、どういうアップロード&エンコードになるのか微妙。自分のPC内でのエンコード時間を省けるのは嬉しいが、本来、動画のカットしておきたい部分までYoutube鯖にアップロードされ、向こうの鯖に保存されてしまうのは正直、嫌すぎる。

 

たとえば……生ファイルには、自分や友人などの顔が映っていたとすると、

「通常の自分のPCでエンコードする」ときは、カットやモザイク処理をして、Youtubeにアップロードした。→→→ Youtube内の鯖にアップロードされた動画には、自分や友人の顔は映っていない。

しかし、「MSWMMを使ったアップロードをした」場合は、PC内でのエンコードはしなくていいぶんの時間は省けるけれど、素顔の映った素材そのものがアップロードされて、Youtubeの鯖でエンコードされる。→→→ Youtube内に自分や友人の素顔の映った動画が保存されてしまう。

まあ、そのときには、WMMで編集する前にSEffectやAviutlのモザイク処理系のプラグインで、先にモザイクをかけた素材そのものを作っておき、それをWMMで使えばいいのだけど……。

 

あと、ビデオカメラやウェブカメラの映像なんかも直接、保存できるみたい。もっとも、撮影機器がそれに対応している必要はあると思うけど。

関連リンク

関連リンク2

 

 

FC2ブログランキング →
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment