【Linux】Fedora11 リリース【Fedora】

Fedora11がリリースされています。

Fedora/11/i386 Public Active Mirrorsからダウンロード可能です。Rikenサーバの回線が太くてオススメですが、これから回線が混み合うことが予想されるので、Rikenに拘らず軽い回線を使ってダウンロードすることをオススメします。

 

20090609225055

これはFedora11 Live-KDEをVirtualboxで動かした様子。ただ、Virtualboxのバージョンが古かったためか、仮想デスクトップ上で動作させたためか、描画が酷く重たくて使用感を語れるほどには満足に動きませんでした。orz

ちなみに某サーバから本日、フライング気味にゲットしたのですが、更新日時が六月二日付けだったので、これが正式版か否かちょっと微妙だったりしますww

 

仮想デスクトップ

LinuxをWin上で動かす仮想デスクトップ(Linux上でWinを動かすことも可能です)は、個人的にはVirtualPCよりもVirtualboxのほうが使い勝手が良いと思います。

VirtualPCでもLinuxは動くのですが、Ψ(`∀´)ΨケケケがVirtualPCを使っていた頃は、オプションからコマンドを入れなければならなかったり、画面表示を変更したりしなければならなかったので……。

ちなみにVirtualboxは、Windows、Ubuntu、Fedora等、様々なOSに対応している(EXE、Deb、Rpm等あり)ので、Linux上でWindows7などのソフトを動かす場合にも簡単に使用できます。使用するときは、各OSに対応した形式のプログラムを上記のリンク先からダウンロードしてきて、インストールしてください。

 

インストール時の注意点?

Fedoraを含めてLinuxは現在、簡単にインストールでき、簡単に使用できますが、既にOSのインストールされているPCに新たにインストールして使用するとき(デュアルブート)はそれなりに注意が必要です。

OSを起動させるブートロダの設定に失敗してしまうと、既にインストールされているOSが起動できなくなったり、OSが見つからなくなってしまうことがあります。

あるいは、Windows等の既にOSやデータの書き込まれている領域に間違えて新しいOSをインストールしてしまうと、既存のOSやデータを失うことになってしまいます。

デュアルブートしたいとき(既存のHDDにインストールする場合)

  1. 事前にパーティションを区切り、HDDに必要な空き領域を作っておく。
  2. 「1」で作った空き領域を的確に指定して、OSをインストールする。
  3. インストール時、ブートロダの設定に注意する。

ちなみにWindowsとLinuxをデュアルブートするときは、Windows → Linuxの順にインストールしていくほうが簡単にデュアルブート環境を構築することができると思います。(FedoraやUbuntuのとき)

ブートロダの設定に失敗したとき

既存のOSやデータ領域に新しいOSを上書きインストールしてしまったら手遅れですが、ブートロダの設定を間違えただけなら、幾らでも復旧手段はあります。

まずOS自体が立ち上がらないと、その作業もできないので、KNOPPIX等のLive CDやLive DVDを事前に用意しておくことを強くオススメします。

基本的には、事前に用意しておいたLiveCDでLinuxを起動したら、Rootとして「/boot/grub/menu.lst」にアクセス。menu.lstの該当OSの「hd0.1」とか「hd1.0」とか書かれている箇所を自分のPCの構成環境、OSのインストール環境に即して変更すればOKです。

ターミナルのコマンド:gksudo gedit /boot/grub/menu.lst

オススメリンク

 

こういった作業が理解できないぜ!というならば、時間はかかりますが、再インストールといった方法もあることはあります……時間がかかりすぎますが。(まあ、大抵は一度失敗したらそこから学ぶので、再インストールも悪くはないかも。Σ(・ε・;) )

初心者などは、Linux用に新規にHDDを用意して、そこにOSをインストールしたほうが無難かもしれません。Linuxは、基本的にWindowsとはインストールされる諸々のフォルダやファイルの構成が異なるので。

上記リンク先の記述などを参考にして、パーティションを割り当ててやるといいかもしれません。また、上記リンクには、初期設定など諸々の設定方法が詳しく掲載されているので、オススメです。

FC2ブログランキング →
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment