【Firefox3.5】browser.tabs.closeWindowWithLastTab【about:config】

Firefox 3.5が正式にリリースされました。時折、ページを読み込むと、動作が酷く重くなることがあるので、いずれ改善されるかと思いますが、それよりも、普段の使用で気になっているのが、タブをひとつしか開いていない状態で、タブをクローズさせようとすると、ウィンドウが閉じてしまうこと。

普段の癖というのは馬鹿にならないもので、マウスジェスチャーを使って普段からタブを閉じていると、「ページの閲覧終了=タブを閉じる」になっているんですね。

でも、実際はページの閲覧が終わってもブラウジングを終了させるつもりはないことが多いわけで、何度も無駄にFirefoxを閉じまくる……という阿呆なことを何度もやってしまいました。そこで、

『browser.tabs.closeWindowWithLastTab』

これです。アドレスバーに『about:config』と打ち込んで、上記の項の値を『false』にしてやることで、最後のタブを閉じてもウィンドウが閉じなくなります。

『about:config』にある各項目は、Firefoxの挙動を設定する重要なものなので、安易に弄るのは避けるべきですが、Linuxなんかを使っている人はわかると思いますが、必要であれば弄るべきところでもあります。マウスのスクロール量なんかもここの値を変化させることで、随分とブラウジングが楽になりますし。

そういうわけで、マウスジェスチャーでタブを閉じる癖がついている人は、上記の項目の値を変えてやることをオススメします。

 

あと、今回の更新で幾つかのアドオンが新バージョンに対応しておらず、使えない状態になっています。いずれ対応すると思うので、今回は放置していますが、どうしても使いたいアドオンがあり、それなりのリスクを覚悟しているのであれば、

アドオンの拡張子を「xpi」⇒「zip」に変更し、圧縮解凍ソフトで解凍。解凍されたファイルの中から、Firefoxのバージョンを指定している部分を見つけ出し、現在のFirefoxのバージョンに書き換え、保存。その後、圧縮解凍ソフトで圧縮。圧縮したファイルの拡張子を「zip」⇒「xpi」に書き換え、Firefoxにインストールしてやることで、一時的に使用可能な状態に持っていくことが可能です。

ただ、これはアドオンが最新のFirefoxに対応したということではなく、使えるようになっただけなので、不具合が出る可能性も否めません。もし、そのリスクを冒す覚悟があるのであれば、やってみる価値はあります。

何事もスキルアップはチャレンジから……なので、PCをもっと使いこなしてみたいという人はやってみるといいかもしれません。

 

 

 

FC2ブログランキング →
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment