【Amazon】コンテンツ情報取得のためには署名認証が必要に【08/15から仕様変更】

引用記事:窓の杜 - 【NEWS】8月15日のAmazon仕様変更に備え「アマザー」など関連ソフトがバージョンアップ

今後「アマザー」の利用には“Product Advertising API”のアカウントが必要

「アマザー」v2.0.0 「アマザー」v2.0.0

8月15日より、“Amazon”の仕様が変更され、プログラムから“Amazon”の商品情報や関連コンテンツの情報を取得するためには署名認証が必要となる。これに伴い、Amazonアソシエイト用のHTMLタグを自動生成するソフト「アマザー」をはじめとする、Amazonの商品情報を取得するサービスを利用したソフトが続々とバージョンアップし、Amazonの仕様変更に対応している。

「アマザー」のほか、Amazonの新商品をチェックできる「DISCOVER Your Favorite!」や、蔵書管理用のデータベースソフト「私本管理Plus」は、すでにAmazonの仕様変更に対応したバージョンを公開している。非対応のバージョンは、8月15日をもって利用できなくなってしまうため、今のうちにバージョンアップしておくとよいだろう。

8月15日以降は、「DISCOVER Your Favorite!」や「私本管理Plus」は、Amazonの仕様変更に対応したバージョンがインストールしてあれば、これまでと同じように利用可能。しかし、ユーザー自身がAmazonアソシエイトに参加する「アマザー」を利用するには、ユーザーが各自にAmazonのサイトから“Product Advertising API”のアカウントを作成し、署名認証用の“Access Key ID”および“Secret Key”を取得する必要がある。“Product Advertising API”のアカウントはすでに取得が可能なため、早急に用意しておくとよいだろう。

(一部文字の強調、文字の色の変更はΨ(`∀´)Ψケケケが行いました)

(ρw-).。o○

…(*´д`)アハァ…?

これなんぞ?

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

 

Amazonのアフィリエイトを利用しているのに全然知らなかったんですけど。うちのブログはWindows Live Writter(以下、WLW)のプラグインを利用して、Amazonの商品リンクを記事に貼り付けているんだけど、やっぱりこれもVersion Upが必要なのかな……。

とりあえず、Amazonの該当ページ

引用記事:Product Advertising API

重要:2009年8月15日をもって、Product Advertising API は、署名認証を含まないリクエストを一切処理しなくなります。現在、Product Advertising API を利用されている方は、今すぐご利用中のすべてのリクエストに署名認証を含める準備を開始いただけますようお願いいたします。署名認証を含んだリクエストは、今すぐご利用いただけますので、Developer Guide またはDeveloper Guide - リクエストの署名認証について(日本語参考訳)をご覧の上、準備を行っていただけますようお願いいたします。ご不明な点がありましたら、よくあるご質問をご参照ください。

うーん、よくわからない。わかりにくい。でも、仕様が変更されるのは確か。

 

一応、WLWのプラグインが今回の仕様変更に対応していなかったことも考えて、窓の杜にも掲載されているアマザー2.0のリンクも自分用に貼っておきます……。

 

 

こういうやつも取得できなくなるのかな……?

FC2ブログランキング →
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment