【避難所の生活を考えてみた】 (((( ;゚Д゚)))ユレテイル?【戯言】

昨日、今日と強い地震が続きましたねぇ。今日の明け方のほうはぐっすり眠っていて、全く気づきませんでした。いや、うちも揺れて(揺れた範囲に入っている)、ちょっとだけ起きたような気もするんですけどね。そんな大きな地震があったとは思わずに二度寝してしまいました。

迂闊というか鈍いというか……。

ちなみに、もし大地震が来て、運良く生き残れたとしたら……と考えると、生き残った後が本当の意味で大変なのかなと思います。まず出先から家族の下に戻れるのか、あるいは自宅にいたら出掛けている家族が戻ってこられるのか。自宅が半壊や倒壊してしまったときの避難先の確保とその連絡(家族が一緒に避難できなかった場合)。

水や食糧の確保、生理的欲求の処理手段の確保(下の話だけどHな話ではないのであしからず)、雨風等に晒されないような寝床の確保(近隣の避難所なんてどう考えてもすぐに満員)、必要最低限の金銭や生活必需品の確保、そして身の安全の確保(病気や怪我の処置から、文字通りの身の安全まで)……。

勿論、いずれは日常生活に戻るための方針の決定だったり行政の援助を受けるための手続きだったり色々とあるわけですが、とりあえず即座に必要になりそうなものはこれくらい(たぶん色々と抜けているけど)ですかね?

こうして自分が被災したときのことを考えると、避難生活において生きていけるだけの必要最低限の生活を確保できるのか、それが結構心配だったりします。そして、こう考えると結構、重要な役割を果たしそうなのが、

ケイタイ!!!

携帯電話!!!!!

  • 家族との連絡(電話やメール)
  • 情報の収集(TVやネット)
  • 避難所や自宅までの地図代わり(ネットあるいはケイタイ付属のアプリ)
  • 暗がりでの光源(明るいディスプレイ)
  • 必要事項のメモ(メモ機能)
  • 時計とアラーム機能(配給時間等を忘れないため)
  • 被災地で犯罪を蔓延らせないための証拠保全手段(カメラ)

地震が来たらケイタイ持って逃げるのは結構、重要……。充電器は使えないだろうから、予備のパック?(コンビニで売っているような奴)を日頃から用意しておくと良いかも。

 

ちなみに『被災地での犯罪を蔓延らせないための証拠保全手段(カメラ)』ってどうよ?って思うかもしれないけど、非常時には必ずDQNが現れるもの。何気ない日常生活でさえ現れるのだから、不平不満の溜まりやすい、不便さの極みにある非日常なら尚更。(この前、郵便局に行ったらいい歳をしたオッサン(60歳ぐらい?)が大声で叫んで局員を恫喝するように文句を言ってたし……

だから、DQNが問題行動を起こしたら、避難所にいる皆でDQNのことをパチパチと撮ってやる。皆でお前の行動を見ているぞ、証拠を撮っているぞとやる。ちなみに「皆で」というのが大事。善良な一般人=多数、DQN=少数という構図が重要。撮っているのが独りだとDQNが向かってくる可能性があるし、ケイタイを奪われて証拠隠滅を図られるかもしれないから。

兎に角、おかしな真似をすると、避難所の皆からそのときの写真を撮られ、糾弾されたり後日それを証拠に逮捕されたりすることもあると思えば、そうそうおかしな真似をする奴は出てこないだろうし。

……駄目かな???

 

しかし実際、皆顔見知りの田舎なら兎も角、都心部での避難生活を考えると、かなり不安かも。生まれ育った土地じゃないからか、近所に顔見知りも極めて少ないし、隣人の顔は知っているけどほとんど話したこともない。

そうした中で避難所生活を送らなければいけないのはかなりストレス。若い女の人やその身内なんかは、わけのわからない人間のいるかもしれない避難所の生活は余計に不安かも。良い人もいれば悪い人もいるのが世の中だし、最近は日本の法律なんて関係ねぇ!みたいなDQNもゴロゴロいて、ようつべやニコ動なんかでもそんな奴を撮った動画がすぐに見つかるし。

避難所の生活っていうと、いつも衣食住の物資の配給ばかりに注目が行くけど、実際の避難所の治安ってどうなってるんだろう???

……なんか色々考えてたら凄い不安になってきた。(´・д・`)

 

ケイタイ造っている各メーカーの開発者の皆さん、次期ケイタイには防犯ベル機能付けない? ストラップ引っ掛けておくところが抜けるタイプなんてどうでしょう。暗い夜道でケイタイ握り締めて帰宅する女性なんかにもウケが良いと想いますよ?

 

 

FC2ブログランキング →
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment