【フォント】M+2P+IPAG【日本語対応】

新しくLinuxをインストールしたときに読みやすいフォントがないと、M+とかIPAのフォントを合成して「M+2P+IPAG」として使うのだけど、その合成の手間が随分と省けそうなファイルがダウンロードできるので、リンクを載せておきます。

Windowsを使っている人も、リンク先のダウンロードから該当ファイルをダウンロードしてきたら7Zip等の圧縮解凍ソフトでファイルを展開後、fontという名前のフォルダに「****.ttf」というファイルが複数あるので、インストールしたいフォントを選択し、右クリック → インストールで、フォントが簡単にインストールできます。

20090902075633
M+ と IPAフォントの合成フォント

実際、MSゴシックとかMS明朝とかよりも好きなフォント。使わないフォントを入れすぎてもあれだけど、最低限フォントが揃っていると、動画にしろポスターのような画像にしろ各種印刷にしろ、色々と役立つのでオススメ。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment