【サッカー】2002年W杯に続き、またあの国がヤリやがった……【クラブW杯】

引用記事:スポーツナビ|サッカー|FIFAクラブワールドカップ UAE 2009|コラム|必然だった浦項の自滅(2/2)

(前略)

それにしてもこの試合は、記者席で見ていて非常に肩身の狭い思いをした。何しろアジアの代表が、FIFA(国際サッカー連盟)主催の大会、しかもセミファイナルで「3人退場」という珍事を起こしてくれたのだから。いや、本当は4人退場でもおかしくなかった。終了間際のキム・ミョンジュンのファウルは、一発退場でもおかしくないくらい危険なものだったからだ。主審の「温情イエロー」が出たときには、隣に座っていた外国人記者が「おい、何であれがイエローなんだ!」と私に食ってかかってきた。その瞬間、何だかアジアを代表して「すみませんでした」と謝りたくなる衝動にかられてしまった。

(後略)

一応、断っておきますが、浦項(彼の国)と浦和(日本)を間違えないように……。しかし、退場者三名に、イエローカード八枚とか……ありえねぇ。しかも、最後のほうは没収試合、不戦勝を避けるために審判が一発レッドを避けて、温情イエロー? なにそれ……。

アルゼンチンのチームも危険な後ろからのタックルに次々に見舞われて、本当にご愁傷様ですとしか言いようがない。ちなみに彼の国の新聞は、主審が狂ったと題していつもの自国肯定という有様。orz

あと、相も変わらず中継していたTVのアナウンサーや解説が糞だった。その一部が既にネット上にも上がっているみたいなので、その糞っぷりの彼の国擁護実況は少し検索を掛ければ引っ掛かるかと……。

 

+++++++++++

 

彼の国の選手が後ろから反則の危険なタックルをする。

主審が笛を吹き、ファールを取る。

アナ?解説?「彼の国の選手は心が強いですからねぇ」

(;・∀・)ハッ? 危険なタックルをかますと、心が強いの???????

 

++++++++++++

 

あの糞実況を聞いていたら、スポーツが健全な精神を養うなんてチャンチャラおかしく聞こえてきましたよ、マジで。サッカーというかスポーツを馬鹿にしているとしか思えなかった。

あと、この記事を書いた記者さんに一言。「アジアを代表して」なんて言わないで貰いたい。一緒にされたくないし、そんなことを言うと、連中はすぐに責任転嫁して、自分は悪くないって言い出すから。徹底的に批判されて、二度とこんな真似をするのは損だと思わせないとしようがないし、それがアジアのサッカー界のためだし、彼の国のためでしょ。

だって、これらの映像は未来永劫、記録映像として残っていくんだから。デジタル映像だからテープのように劣化もしないよ。事あるごとにアルゼンチンの人なんかは動画投稿サイトに投稿すると思うよ。彼等はもう昔みたいに嘘を百回繰り返せば真実になる~♪なんてホルホルしていられないのよ。

本人たちは未だにわかっていないみたいだけどさ……。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment