【動画加工編集】kdenlive 0.7.7でH.264の書き出し【Linux】

ubuntu9.10 + kdenlive0.7.7 で、相変わらずH.264で出力できなかったのですが、ネット上を検索したら幾つかの対応手段がありました。今回の記事はその中の簡単な部類(対応が)に入るであろう、応急処置的な手段です。

ちなみにこの方法だと、出力される動画はmp3 + H.264という形式で出力されるので、このままだとニコニコ動画等では再エンコになります。(詳しくはエンコード設定 - ニコニコ動画まとめwikiを参照のこと)

……なので、動画共有サイトでの再エンコ回避方法として、kdenliveで出力した動画を投稿前にAvidemuxで「映像:コピー」&「音声:Faac」で更にエンコ(AAC + H.264形式に整える)する……というような形にするのがいいかもしれません。

音声だけのエンコになるので、エンコード時間も短時間で済みますし……。

 

準備

  1. kdenliveのインストール
  2. Avidemuxのインストール

流れ

  1. 普通に動画を作成。
  2. kdenliveの「Render」にあるH.264のプロファイルの内容を一部書き換える。
    (※書き換える内容は下記を参照)
  3. 動画を出力。(Mp3+H.264)
  4. 出力した動画をAvidemuxで「映像:コピー」&「音声:Faac」で再エンコする。(AAC+H.264)

書き換える内容

書き換える方法は、「Render」→「H.264」→「×印」の出ているH.264のプロファイルのどれかをダブルクリックして、内容を編集する。ちなみに編集内容は、

acodec=libfaacacodec=libmp3lame

変更箇所とH.264のプロファイルサンプル

 

f=mp4 hq=1 acodec=libfaac ab=128k ar=48000 pix_fmt=420p vcodec=libx264……

↓ ↓ ↓

f=mp4 hq=1 acodec=libmp3lame ab=128k ar=48000 pix_fmt=420p vcodec=libx264……

 

 

とりあえずこの方法で応急処置的な出力は可能かと。ちなみにkdenliveで動画を綺麗に出力しようと思ったら、やっぱりffmpegのコマンド(最新FFmpeg - MobileHackerz Knowledgebase Wiki)を知らないと駄目かも。

……Mediacoderに頼りっぱなしなので、Ψ(`∀´)Ψケケケは全く覚えていないけど。
( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment