【Picasa 3.6】使用時のポイント【設定のようなもの】

 

20100226043548Picasa 3: Google から無料でダウンロードできます

 

20100226043853

 

 

 

基本的な設定のようなもの

  20100226044327

まずは「ツール」→「オプション」を選択して基本設定。(まあ、基本ですww)

ここはそれほど難しくないので、ご随意に設定してくださいな。強いて注意点を挙げるならば、「ウェブ アルバム」の設定ぐらいでしょうか。

「新規アルバムの可視性」については基本、「限定公開アルバム -ログインが必要」にしておいたほうがいいと思います。ネットに公開したくない写真を間違ってアップロードしてしまったときの担保になるので……。

 

20100226044133

ちなみに、「ツール」→「オプション」→「名前タグ」を選択すると、顔認識の選択ができます。Ψ(`∀´)Ψケケケは顔認識は無用なので、左のキャプチャのような感じにチェックを外しています。

顔認識が有効になっていると、Picasaが写真を解析(写真の中の人物を解析)して、Picasaの起動中、CPUの負荷が下がらないのが鬱陶しい……。

 

20100226044326

設定で重要なのがフォルダの監視です。監視中のフォルダに画像ファイルが増えたり減ったりすると、Picasaに追加されたり削除されたりするので、写真や画像用のデータフォルダは監視対象に……。

その設定は「ツール」→「フォルダ マネージャ」でおk。フォルダ内のファイルの増減が多々ある場合には、「常時スキャン」にしておくのがお勧め。ちなみに写真や画像用のフォルダでも、Picasaに読み込ませたくない場合は、「Picasaから削除」を選択。

 

ある意味、フォルダマネージャさえしっかりと設定しておけば、あとは直感的に使えるソフトなので問題は特にないかと。

個人的には「日時の調整」が結構、役に立つかなと思う。友人から貰った写真と自分で撮影した写真の撮影時刻合わせが楽になるので。

 

位置情報(GPS)の付加方法

20100226044024

現バージョンから画像に位置情報が付加できるようになったのですが、どうやらGoogle Mapと連携して行っているようです。

位置情報付加の方法は、「位置情報を付加したい画像を選択(複数可)」→「地図の左上にある緑色の鋲を特定の位置に刺す」OR「地図の下部にある検索で地名や住所、建物名などを検索」。

その後、「選択した画像にこの位置の情報を付加するけど、おk?(意訳)」と聞かれるので、「はい」を選択すればおk。

 

20100226044328

位置情報を付加すると、選択した画像の右下に「赤色の鋲」が刺さる。

ちなみに隣の赤色の「↓」はアップロード禁止のマーク。

 

 

20100226054026

位置情報を付加したファイルをエクスプローラ等のプロパティで観てみると、「詳細」の項目の「GPS」の欄に緯度と経度の情報がある。また、位置情報は書き換えることも可能。

ちなみに動画ファイルの位置情報の付加も可能でした。(もっとも、Picasa内だけなのかちょっとわからないけど……)

 

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment