Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【Virtualdub】撮影後に手振れ補正できるDeshaker 【使い方】

Edit Category VirtualDub Deshaker

20100322124354Deshaker - video stabilizer

 

ソニーの新しい機種なんかは、強力な光学式手振れ補正がついていて、ステディカムがなくてもそれなりに歩きながら撮影できますが、他社の機種や古い機種などはなかなか強力な手振れ補正がなくて、歩きながらの撮影などは難しいのが実情。

そういうわけで、折角、撮った動画も「画面が激しく揺れていて、観る気が失せた(鬱)」なんてこともあるわけです。まあ、高価なステディカムを持っていれば話は別ですが……。

しかし、そんなときに役立つかもしれないのが「Virtualdub」の「Deshaker」というプラグイン。簡単に説明すれば、撮影後の動画に手振れ補正もどきを掛けることができる感じ?のプラグインです。無論、完璧なソフトなんてこの世にはないので、あくまでも「そんな感じ」という感じですww

ただ、このソフトを使えば撮影後の動画に対して、それなりに手振れを抑制できます。しかし、撮影した映像を解析して処理をするので、処理は酷く重いし、画質も低下してしまうことだけは覚悟が必要。

ちなみにこれから動画を撮影するならば、強力な光学式手振れ補正のあるカメラで撮影するか、ステディカム等で手振れを低減するかしたほうが無難です、はい。

それでも、既に撮影してしまった、あるいはそうした努力をしても結局、ブレブレになってしまった動画はどうしようもないわけで、そんなときにはこのプラグインが役立つかと……。

 

Deshakerを使うための準備

  1. 各コーデックやスプリッタをPCにインストールしておく。
    (ffdshowやDivx、コーデックパック等)
  2. VirtualDubを公式サイトからダウンロードし、解凍する。
  3. Deshakerのプラグインを公式サイトからダウンロードし、解凍後、必要なファイルをVirtualDubのプラグインフォルダにコピーする。
  4. VirtualDubを起動し、「映像」→「フィルター」の欄に「Deshaker」があれば準備完了。

Deshakerの使い方(簡単な流れ)

  1. 補正を掛けたい動画を読み込む。
    (補正を掛けたいファイルがMP4等の場合は、Aviに変換しておく。また、この処理は時間が掛かるので、そのときに必要な分だけ切り出しておいたほうが無難)
  2. ファイルを読み込んだら「映像」→「フィルター」→「追加」→「Deshaker」→「OK」の流れで選択する。
  3. Deshakerの「Pass1&2」、「Pass1」、「Pass2」の各項目を設定する。
    (設定の詳細については後述。基本、「Pass1&2」は変更する必要なし)
  4. 各設定が終わったら「Pass1」を選択して、「OK」をクリックする。
  5. 「フィルター」に表示された「Deshaker」が「Pass1」と表示されていることを確認して「OK」をクリックする。
  6. 「VirtualDub」の左下にある「右向きの△0(再生マーク)」をクリックして、「Pass1」の処理を開始する。(このとき、「音声」→「音声なし」を選択しておく)
    ※一回目のエンコード作業(非常に長い)。
  7. 「Pass1」の処理が終わったら再度、「映像」→「フィルター」→「Deshaker」を選択する。
  8. Deshakerの設定画面で「Pass2」を選択し、「OK」をクリックする。
  9. 「フィルター」に表示された「Deshaker」が「Pass2」と表示されていることを確認して「OK」をクリックする。
  10. 「映像」→「圧縮」、「処理範囲」等の出力に必要な設定を行う。音声を一緒に合成するときは「音声なし」のチェックを外したり、音声の遅延等設定をする。
  11. 「ファイル」→「名前を付けて保存する」を選択すると、「Pass2」の処理が開始され、動画の最終的なエンコードが始まる。
    ※二回目のエンコード作業(ぼちぼち長い)。

Deshakerの「Pass1」と「Pass2」の詳細設定……のようなもの

基本、下記のキャプチャのように設定してもらえれば、それなりの効果は感じてもらえるかと。(match valueの数値については、最初はデフォルトの「300」でOKかと)

ただ、何だかんだで決まった設定値はない(補正を掛ける動画次第)なので、最終的には「Pass1」の出力プレビューに表示される赤線の方向や長さを見て、適した「Pass2」の数値を設定する感じになるかと……。

もし、ある程度の設定を作っておきたいのであれば、

  • 通常の手振れ補正用
  • 歩行時の補正用(散歩程度)
  • 歩行時の補正用(ランニング程度)
  • 車載時の補正用

こんな感じで「ファイル」から状況別の「処理設定」を保存しておくといいかも。あと、撮影の基本なのかもしれないけど、撮影は急速なカメラワークを極力避け、ゆっくりとカメラを動かすように心がけると、上手い効果が得られるかも……。

 

■Pass1 主な設定項目
20100322120547 最低限、設定が必要と思われるのは赤枠の「1」の部分。

赤枠の「2」の部分は歩行時や走行中の撮影のようにカメラが移動しているときに変更するらしい。(デフォルトは300)

ちなみに赤枠の「2」の値については、Deshakerの説明サイトを読むと、「150~600」程度の範囲で変更するといいらしい。

ただ「match value」の値を大きくするのか小さくするのかは、補正を掛ける動画次第とのこと。

最初、値を大きくし、それでも駄目なら小さくしてみれ、とのこと。
■Pass2  
20100322120603 赤枠の「1」は、出力する動画のアスペクト比と解像度の設定。読み込ませた動画をそのままの大きさで出力するのであればデフォルトのままでおk。

赤枠の「2」は、揺れをどのように処理するか、どの程度の前後のフレームを読み込ませるかの設定。

60pの動画などは読み込ませる前後のフレームを「30」→「60」に変更したほうが効果的かも?


赤枠の「3」は、動画の揺れの激しさ(=どの程度、揺れを抑えるか)の指定。Max値が「18000」。縦横、回転、拡大の四項目。「Pass1」の処理時に出力プレビューに赤線が出るので、その方向と長さで各数値を変えるといいかも。

赤枠の「4」の数値は基本、「99」でおk?

 

兎に角、処理に時間が掛かるので、慣れるまでは20~30秒程度の動画を用意して、色々な設定を試して、好みの設定を見つけるのが望ましいかと思う。それでも、処理にかなりの時間が掛かるけど……。

また、補正には方向性があるので、補正を掛ける動画の縦揺れ、横揺れ、回転、拡大縮小を念頭に置いて数値を決定する。何でも大きな数値にしておけばいいというわけではないのであしからず。

カメラの固定された車載動画ならば、縦方向の揺れの抑制が中心だろうし、歩きながらの撮影では縦、横、回転など様々な方向の揺れが出るだろうし……カメラの移動も補正に影響を与えるらしい。そういう意味では、徒歩で色々とカメラの方向を変えるような撮影をした動画の補正が一番難しいかも……。

あと、前述したとおり、処理が重く、画質の低下も否めないので、ぼかしやモザイクを掛けるときのように必要な部分にだけ処理をしたほうがいいと思う。

 

 

 

下の動画はYoutubeにあった「Deshaker」の効果を比較する動画。

 

かなり効果的だとは思うんだけど、処理に一体、どれだけの時間が掛かっているんだろうかと……。

 

関連リンク

 

 

関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry【スタビライザー】魔改造動画【585 Modosteady】

Older Entry【ポータブルプレーヤー向け】Xmedia Racode【エンコード】

Comments
補足記事 
【Deshaker】Deshakerの各項目の和訳もどきww【Virtualdub】
http://madeinpc.blog50.fc2.com/blog-entry-545.html

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
 


Trackbacks

 
07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06 08


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
配布中のAviUtl用のZIPファイルがDLできない件
どうもzipを置いていたサイトを単なるファイル置き場にしてしまったのが悪かったようで、直接ブログからダウンロードできなくなってしまったようです。 ファイルを保存していた『ultramarinepig.web.fc2.com』の

トップページ(リンク)

に各DLLへのリンクを貼ったリストを作りましたので、ブログのDLの項目からダウンロードできない場合はそちらからダウンロードしてください。

ファイル名はブログのDLリンクに表示されるものと同じですので、それを選択してもらえれば……お手数ですが、よろしくお願いします。m(_ _)m
 
オススメ

Amazonで諫山 創の進撃の巨人(23) (講談社コミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。諫山 創作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また進撃の巨人(23) (講談社コミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017夏(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須であること。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS