【Ubuntu】10.04にアップグレードしてみた。【Linux】

とりあえずUbuntu 10.04にアップグレードしてみました。パッケージとかで対応していないものが幾つかあったけれど、概ね問題なし。起動と終了が確かに早くなっている感じ。

ちなみにアップグレードに必要とした時間は一時間から二時間ぐらいでした。「風呂入っている間に終わっているはずだ」なんて思っていたら、アップグレード途中に選択する場面があって、そこでアップグレードが止まってた。orz

 

Screenshot-2 とりあえず、上の画像はエメラルドにサードパーティー製のテーマをぶち込んで、アイコンにもサードパティー製のアイコンをぶち込んだもの。

2NN+なのは何となく。日付の証明……のようなもの。意味はない。

 

 

Screenshot-3 Compizの画面切り替え。特に意味なし。

 

使用感としてはそれほど悪くない感じ。アップグレードしたので、新規インストールで必要になる各ソフトの導入や各種設定をしなくても済んだのは楽でよかった。

あと、一部のフリーソフトがWineで動かなくなった。真空波動研とか動かない……。それ以外では概ね安定しているような気がする、珍しく。動画も普通に再生できたし、音楽も聞けた。画像ビューアーの挙動が微妙だったけど、別の奴は普通に動いたし……。

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment