【雑記】W杯カメルーン戦の感想【サッカー】

本番で勝てたのは良かった。

でも、それだけ。あの試合、岡田采配が勝利を齎した……というよりも、日本同様にチームになっていなかったカメルーンの『自滅』のように思う。日本がもっとチームになっていたらもっと楽に勝てただろうし、カメルーンがもっとチームになっていたらあっさりと負けていたように思う。

まあ、勝負は時の運というけど、まさにそんな感じの試合だった。

あと、後半最後の守り一辺倒のあれは最悪すぎる。正直、あの状態のカメルーンだからこそ守りきれただけの話で、オランダやデンマークには間違いなく通用しない。あれで守備に妙な自信を持たれたら困るなぁ……。

それから、岡崎のバーに弾かれたシュートは決めないと……。カメルーンも何度か同様の決めなければいけないシュートがあったけど、互いに低レベルなプレーに助けられた感じが否めない。

ちなみに一勝した途端にマスコミは浮かれて掌を返したように岡田をワッショイワッショイしているけど、何だろね。岡田の采配は酷いままだろうに。まるで首相の首を挿げ替えただけで支持率回復した某国の某与党wwを見ているような感じ。……何も変わってないですよね?

それにしても、岡田ジャパンには未だに統一感や軸のない選手起用やフォーメーション変更、場当たり的な戦術が目立ち、たぶん誰もが今後、日本代表がどんな感じのプレーをしてどんな感じで点を取るのか想像もつかないのではないか。

これが他の形になっている国なら実際にそうなるか否かは別としても、何らかの得点に至るイメージ(チームカラー、チームの特色)が想像できるわけだけど、日本は逆にDFが対戦国(オランダ、デンマーク)のFWにやられるイメージしか思いつ……(ry。

本番だから勝つことが大事ではあるけれど、確実な勝利を引き寄せるためにも、やっぱりもっとしっかりとしたチーム(チームカラーのある、チームの特色のある)になってもらいたい。それがないと、いつまでも実力で勝ち取る勝利ではなく、相手の不調で運良く転がり込んできただけの、幸運ではあるけれど不安定な勝利でしかないようにしか思えないから。

 

良かったところは、長友は良かったんじゃないかと。攻撃には余り参加しなかったけど、不調とはいえエトーを抑えこんだのは事実だし。あと、本田のポストプレーや松井のクロスや押し上げも良かったように思うけど、少なからずカメルーンのプレッシャーが弱かったから……という感じにも見えたかな。

 

と、まあ、個人的な印象を辛辣?に書いたけど、Ψ(`∀´)Ψケケケの希望や願望としてはやっぱり日本代表にはGL突破してほしい。

ただ現実的な予測や推測としては、デンマークは兎も角、オランダは明らかに格が上。なかなか番狂わせが起こらないレベル。個々の選手の実力もそうだし、チームとしての組織、戦術も。ネット上の意見を見ていると、フルボッコにされるとか虐殺されるとか捨て試合とかそういったネガティブな意見が目立つけれど、まあ、妥当な意見だと思う。残念ながら……。

ただ、そういう相手に対してどのように戦っていくのか。相手の不調で運良く転がり込んできただけの勝利ではなく、超守備的に行くと宣った以上、意識してそのようにして、その上で少ないチャンスを物にした、作戦通り、狙い通りという試合が観たい。

ちなみに目標にベスト4を掲げるなら、「いつも通り実力で倒すキリッ!」というレベルじゃないと、ベスト4なんて無理。そういう意味じゃ、ベスト4という目標は現実が見えていないと言われてもしようがない。

否、ベスト4は試合に望む前の心構えだ!というのであれば、むろし「どんな試合にも勝ちに行く」、(特にベスト4なんてTL出場が前提なのだから)「優勝を狙うキリッ!」と言ったほうがマシだったように思う。

 

 

 

 

それから数日前のT豚Sでの、ラモスの「某国のあれは13人でやったから(意訳)」発言にはワロタww 内訳的には、選手11名+監督1名+主審1名ですかね、やっぱり。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment