【Codec】Ver 1.3.0をインスコしてみた【Xvid】

20110226043331 Xvid.org: Downloads

Xvidの新バージョンがリリースされていたので、PCに入れてみました。上記の画像はそのエンコーダのコンフィグレーション。

以前のバージョンではなかったHD1080のプリセットが追加され、ビットレートベースで、20Mbpsまでの動画が作れるようになったみたいです。ちなみにHD720のプリセットだと、9Mbpsまで。

またZone Options…をクリックすると、レイトコントロールやカトゥーンモード、グレイスケールエンコーディング等の設定もできるようです。

 

リンク

……で、何故に新たにXvidをインスコしたかといえば、ffdshowのvfwの刷新の影響とx264vfwのエンコード時間の長さに辟易したから。入れてみた感想としては正直、悪くないという感じ。

基本的にVirtualDubのエンコードに利用するつもりでインストールしたものの、Camstudioのエンコードにもそれなりの負荷で使えました。まあ、可逆圧縮ではないので、追加での加工編集時における再エンコード時の劣化は否めませんが、それなりにファイルが圧縮されるし、何時間も重い処理をさせておくよりもマシかな、と。

 

 

あと、意外にうちのブログに『mts 変換』とか『m2ts 変換』といったキーワードで来訪される人がいるみたいですが、Ψ(`∀´)ΨケケケはAvidemuxでAviにコンテナ変換するか、Mediacoderでmp4にコンテナ変換しています。

どちらのソフトもバージョンによってはエラーを吐くことがあるので、変換できるバージョンを利用するのがオススメ。あと、画質の劣化を避けて短時間で処理を終了させたければ、再エンコードするのではなく、コンテナのみの変換に。勿論、無圧縮形式にしたいとか可逆圧縮にしたいとかいった目的があるのであれば話は別ですが。

ちなみにMediacoderでコンテナのみの変換をするときは、『ビデオ』と『オーディオ』の項目で、『ビデオをコピー』と『オーディオをコピー』にチェックを入れた後、『コンテナ』の項目で変換したいコンテナを設定する必要があり。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment