【AviUtl】Inkscapeを使ってオープニング動画作成2【初心者用】

前回、Inkscapeで作ったPNG画像を使って、また違った感じの動画にしてみた。

で、今回AviUtlでやったことは、

  1. 図形を挿入し、背景を白&上下クリッピング(48ずつ)
  2. ブログタイトルの画像の中心Yを移動して、球体の内側に移動。球体の内側で回転するように設定。色調補正で明るさやコントラストを最大にして光っている感じに。
  3. 文字を入れ、それにアニメーション効果を付加。
  4. 拡散光フィルタを全体にかける。
  5. 落ち着いた感じの動画なので、落ち着いた感じの音楽を挿入。

といったもの。

 

下のキャプチャがその様子。

20110510161324

動きの少ない落ち着いた感じ(?)のオープニング。動いているのは球体の中のブログタイトルとフェードインしながら上から降りてくる文字だけ。沢山の中間点を入れて、細かい加工編集作業をする気分じゃなかった……だけとも言うww

ちなみに、Ψ(`∀´)Ψケケケはこうしたテンプレ的な動画には汎用性を求めて作っているので、もしもこれを何らかの動画のオープニングとして使うときは、文字を変える寸法。プロジェクトとして保管しておく。あとでどうやってあんな効果を出したたんだっけ?みたいなど忘れをしたときにも、結構役立つ。

 

最初はこんな感じの短時間のオープニングを幾つか作りながらAviUtlや拡張編集の操作法や効果を覚えていくといいかも。いきなり長編とかは無理なので、地味にコツコツと。それから拡張編集プラグインに付いてくるテキストファイルは読んでおくこと。最初は何が書いてあるのかチンプンカンプンかもしれないけど、ちょっとした操作法も載っているし、使っているうちに「ああ、そういうことか」とわかるようになる。

マスクやその他の効果は、効果の名称でググルのが吉。ググッているうちにAviUtlだけじゃなくてGimpやInkscapeなどの似たような効果の概念や使い方もわかるようになってくるので、ひとつがわかると他のソフトの習熟度も上がる。

 

こっちは似たような感じのエンディング。

20110510164325

普通にやっつけ仕事の手抜き……。

動きらしい動きは、球体に振り子付加、ブログタイトルが球体の中で回転。文字が下から上にスクロールして消えていく程度。

ちなみに球体などの図形データはInkscapeでデータを作っておき、必要に応じてPNG画像で出力。Gimpで着色等の補正や加工を行い、AviUtlで使用するといいかも。

そういえば、また拡張編集プラグインが更新されていた気がする……。








関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment