【Youtube】スタビライザー効果(手ぶれ補正)【動画エディタ】

動画を撮影したけど、手振れが……。VirtualdubでDeshakerを使おうかと思ったけど、敷居が高い……。そんな人にオススメなのがYoutubeのスタビライザー効果。

簡易スタビライザー効果──という感じではあるけど、兎に角、簡単に効果が得られる。

スタビライザー効果の使い方

  1. 動画ファイルをアップロード。
  2. 「動画エディタ」→「動画効果」→「動画のブレを軽減する(チェック)」→「スタビライズの数値を選択」→「保存」で完了。

※ スタビライズの数値は大きいほど効果が強い。ただし、動画が拡大されぎみなので、数値は適度なものに。サイドバイサイド方式にチェックを入れて比較すると効果がわかりやすい。

以下、実際のキャプチャー

WS000146

 

WS000148

 

WS000149

 

その他の注意事項

  • スタビライザー効果を使うと、動画に挿入済みの字幕が逆にブレてしまうので、これを使うときには字幕はYoutube上で入れたほうがいい。
  • あくまでも簡易効果といった感じ。
  • どうしても手振れを抑えたかったら光学式手ぶれ補正付きのカメラ、ステディカム、VirtualdubのDeshaker等を使ったほうが、現在は効果的。

 

iPhoneとかはこれ?

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment