【1890万画素】DSC-HX30Vが欲しくなったので、ちょっと調べてみた【60P 28Mbps】

20120427004945 DSC-HX30V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

フルハイビジョン60Pの28Mbpsで動画撮影もでき、高性能の光学式手ぶれ補正も可能なDSC-HX30V。総画素数ももうすぐ総画素数が2000万画素に。もっとも、画素数は所詮画素数なので、重要なのは綺麗に撮れるか否か。露出だったり手ぶれ補正だったりフォーカス性能だったりをしっかりと確認する必要があり。

上記リンクのカカクのほうには該当機種で撮影された写真が投稿されているし、Youtubeのほうには該当機種で撮影された動画が投稿されているので、性能の一端は確認できるはず。

DSC-HX30Vの特徴

新・手ぶれ補正ズーム&高性能レンズ、高感度&高画質、操作性&豊富な撮影機能、フルハイビジョン動画撮影、Wi-Fi機能搭載……。このシリーズの光学式てぶれ補正はもはや鉄板。Wi-Fiによるデータ転送(PCやスマホにデータを送る)も使い勝手がなかなか良さそう。

総画素数:約1890万画素、光学式手ぶれ補正、光学ズーム20倍、マニュアルフォーカス、マニュアルシャッタースピード、スイングパノラマ、3D静止画、AVCHD 60i/60p:28M PS(1,920x1,080/60p)、4:3モード:18M(4,896×3,672)……。

純正のアクセサリー

↑↑↑バッテリー。旅行時などを考えると、予備は欲しい。

← ←←充電器。本体付属の充電器に比べて、充電時間がおよそ約1/2倍になる。
←← USB充電に対応したUSB ACアダプター。充電中の操作はできるみたいだけど、撮影はできないみたい。

← PCやTVに繋いでおき、これの上に対応製品(この場合はDSC-HX30V)を置くと、データの転送ができる。

※一応、貼り付けてある製品は対応商品のはずですが、もし、購入するのであればもう一度、製品に対応しているか確認してください。

運用を考えた上でのサードパーティ製のアクセサリー

カメラ買ったぜ!ひゃっほーい!……では、運用できないので、その他に必要なものを。

安いバッテリー。

旅行や長時間撮影をするのであれば、予備は必須。

価格が価格なので、純正品なみの使用時間を求めるのは×。
記録用のSDHC。必須。デジカメも高画質&長時間撮影になってきているので、それなりの容量のある記憶媒体が必須。

また、動画撮影などでは高ビットレートになってきているので、Class6以上が欲しい。
記録用のSDXCやメモリスティック。

SDHCのほうが今は汎用性があるけど、その他機器(PSPのような)ものを他に持っているのであれば、メモリスティックでもいいかと思う。
撮影した写真や動画の保存に。

最近はTVにも繋げるので、外付けHDDのほうが汎用性があるかも。

タイの洪水以来、内蔵HDDの値段が戻らないので、裸族等での運用による低価格化もできないし……。
デジカメの液晶を保護するシート。貼る。
デジカメの持ち運びに。
デジカメの持ち運びに。
←←デジカメの持ち運びに。

←屋外の撮影時に液晶画面が見やすくなる。
車での移動中に充電。
歩行時の手ぶれ補正に。

マーリンは高性能だけど、高杉!

monfrontooのほうはニコニコ動画にあるような感じで、魔改造して安定感増したいところ。
←←歩行時の手ぶれ補正に。

←車載動画等でデジカメを固定するときに。

※一応、貼り付けてある製品は対応商品のはずですが、もし、購入するのであればもう一度、製品に対応しているか確認してください。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

2 Trackbacks

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック