Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【AviUtl】最新のAviutlの使用環境構築(L-SMASH Works使用)【2014/08修正】

Edit Category Aviutl > インストールと設定

※2014/08/16 公式サイトからのリンク切れになっているnero aacencですが、neroのftpサーバにはまだファイルが生き残っているようなので、リンクをそちらに切り替えました。



AviUtlに必須だった幾つかのプラグインが不要となり、代わりに読み込みの速そうな新しいプラグインが加わったので、AviUtlの最新の使用環境構築(インストールの方法)を記事にしておきます。貼りつけた動画はYoutubeにその手順をアップしたものです。

解説の字幕がやや性急過ぎた感があるので、一時停止必須です。まあ、下の記事でも同じことを書いているので、参考にするならば下の記事のほうが……ゲフンゲフン。

ちなみに動画やこの記事では、『AviUtl + 拡張編集プラグイン + MP4(h.264 + AAC)出力 + アニメーション効果とカスタムオブジェクトの追加』を目的としています。ネットやニコニコ動画などで紹介されている追加スクリプト等は、その都度、[script]フォルダ等にコピー&ペーストしてください。


準備:AviUtlの基礎構成ファイルのDL

とりあえずAviutl + 拡張編集プラグインで動画をMp4(H.264 + AAC)で出力するために必要なファイルです。これまであったMP4PluginとDirectShow File Renderがなくなり、代わりにL-SMASH Worksが追加されています。

スクリプト一式は拡張編集プラグインで使用する追加のアニメーション効果やカスタムオブジェクトです。ニコニコ大百科のさつきさんのページからDLします。

20120630102636

L-SMASH Worksは、サイト左上にある選択ボックスから最新のものを選択して、ダウンロードします。

ファイルとフォルダの構築

各必要ファイルをDLしてきたら圧縮ファイルを解凍し、必要なファイルを抜き出します。大抵のファイルが圧縮されているので、それらを圧縮解凍ソフトで解凍しますが、ファイルの管理をしやすくするためにフォルダ付きの解凍をしてやると、ファイルがごちゃごちゃにならずに済みます。

20120630104734

こんな感じにフォルダ付きで展開してやると、わかりやすいと思います。

(※ フォルダが多重化されていないことを確認しておいてください。script_xxxxxxxxをフォルダ付きで展開すると、下部に同名のフォルダが既にある可能性大)

AviUtlで追加のフィルタ効果やアニメーション効果や図形、シーン切り替えを使用するときは、plugins(各フィルタ効果)、script(アニメーション効果やカスタムオブジェクト)、figure(図形)、transition(シーン切り替え)、hogehoge(エイリアス用。自由)といった名称のフォルダが必要になります。

フォルダ構造としては、

[aviutl]
  aviutl.exe
  ……(各ファイル)
  ……(各ファイル)
  [plugins]:拡張編集プラグインやその他のフィルタの追加。
    ……(各ファイル)
    ……(各ファイル)
    [script]:アニメーション効果やカスタムオブジェクトの追加。
    [figure]:図形画像の追加。(モノクロのPNG)
    [transition]:シーン切り替えの追加。
    [hogehoge]:エイリアス(よく使う設定のtextや画像、効果など)追加。

となります。

aviutl.exeと[plugins]が同じ階層。[script]、[figure]、[transition]、[hogehoge]がその一つ下の階層になります。なので、ここでは手間を省くために

aviutlXXx → aviutl
exeditXXxx → plugins
script_xxxxxxxx → script

という感じで各フォルダ名を変更してしまいましょう。

20120630110555

こんな感じになると思います。更にファイル構造で説明した通り、[script]は[plugins]の下の階層にあるものなので、[script]を[plugins]にドラッグ&ドロップします。

ここからは各フォルダの必要ファイルを赤枠で囲んでいきます。赤枠で囲まれているファイルを[plugins]にコピー&ペーストしてください。コピー&ペーストの終わったフォルダは不要なので、削除してしまってかまいません。

AA2012000135

[L-SMASH Works]の必要ファイルです。

※追記:現在は上の画像にあるファイルではなく、『lwcolor.auc、lwdumper.auf、lwinput.aui、lwmuxer.auf』の4ファイルをPluginsフォルダにコピーします。

AA2012000138

[x264guiEx-x.xx]の必要ファイルです。

赤枠で囲まれているファイルを[plugins]にコピー&ペーストしたら、[plugins]を[aviutl]にドラッグ&ドロップします。

20120630113848

ここまでの作業によって構築されているはずの[plugins]の状態です。

20120630114201

新規フォルダ作成で[figure]、[transition]、[hogehoge(画像ではaliasとなってます)]を作ってしまいましょう。これで[plugins]フォルダに関する作業はお終いです。

続いて、残りの作業を行います。

20120630113804

現状ではこんな感じになっていると思います。次の赤枠で囲まれているファイルを[aviutl]にコピー&ペーストします。コピー&ペーストの終わったフォルダは不要なので、削除してしまってかまいません。

2012063011380412122

AA2012000136

[MP4Box_xxxxxxxx]の必要ファイルです。

AA2012000137

[NeroAACCodec-x.x.x]の必要ファイルです。

20120630114918

コピー&ペーストが終わった後の[aviutl]の状態です。

これで作業は終了です。これでAviUtlを起動させて、初期設定を済ませて再起動すれば『AviUtl + 拡張編集プラグイン + MP4(h.264 + AAC)出力 + アニメーション効果とカスタムオブジェクトの追加』が使えるようになっているはずです。

20120630120105

ちなみに作業後に残っている各ファイル(各圧縮ファイルとx264.exe)は削除してしまっても構いませんし、アーカイブフォルダを作成して保管しておくと、更新やいざというときに便利かもしれません。Ψ(`∀´)Ψケケケはアーカイブフォルダをふたつ作り、ひとつを『起動系(今回DLしたもの)』、ひとつを『追加系(その他のフィルタなど)』にしています。

まとめ

今回はDirectShow File ReaderとMP4PluginがL-SMASH Worksによって不要になったので書いた記事です。DLするファイルの幾つかがこれまでとは異なりますが、基本的にはこれまでのインストール作業と同じ作業をしているだけです。

L-SMASH Worksは読み込み速度が速いようなので、まだDirectShow File RenderとMP4Pluginを使っている人は導入してみてください。

追記:POP@4bit » Blog Archive » AviUtl プラグイン「L-SMASH Works」r91 更新によると、一部では処理が遅くなることもあるようです。また、多くのファイルが読み込めるようになっているみたいですが、インターレースの扱いも微妙だとのことです。(*_ _)人ゴメンナサイ

  • MP4Plugin:ミラー配布 http://www1.axfc.net/uploader/Ne/so/90562
  • DirectShow File Reader:http://www.tenchi.ne.jp/~yoko/aviutl/index.php?DirectShow%20File%20Reader%20%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3%20for%20AviUtl

現状では、DirectShow File ReaderとMp4 Pluginとの併用(必要に応じて優先度を上下させる。mt2s等のファイルを多用するときはL-SMASH Worksの優先度は低めで)が望ましいかもしれません。



追記2:rigayaの日記兼メモ帳 x264guiEx 1.xx 導入

基本的に手動でAviUtlの使用環境を構築する手順は変わらないのだけど、拡張 x264 出力(GUI)Exの作者さんが拡張 x264 出力(GUI)Exの使用に関連するL-SMASHなどの幾つかのファイルを自動的にインストールしてくれるインストーラーを作ってくれているので、その手順の紹介記事を追記しておきます。

まあ、自動インストールの実行ファイルを実行すれば特に問題はないはずなんだけど。









関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - パソコン関連お役立ち情報  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【自作PC】G3258のベンチマークスコアが思いのほか良かった【anniversary editon】

Older Entry【Android】ESファイルエクスプローラーがBaiduに個人情報を送っているか否か?の実際のところ【ファイル管理アプリ】

Comments
 
参考になりましたありがとう!
 
Re: タイトルなし 
> 参考になりましたありがとう!
コメントありがとうございます。参考になって良かったです。
 
 
今日動画編集を学んでいた為、ファイルやフォルダ整理で本当に助かりました!
ありがとうございます♪♪
 
Re: タイトルなし 
役に立ててよかったです♪
 
L-smash worksの必要ファイル名が変更されている件 
現在は上の画像にあるファイルではなく、
lwcolor.auc、lwdumper.auf、lwinput.aui、lwmuxer.auf
の4ファイルをPluginsフォルダにコピーします。
 
L-SMASH Works 
そのL-SMASH Worksのリンクは古いです。
http://yuki.0am.jp/jenkins/job/L-SMASH%20Works/
(AviSynth、VapourSynthは)
https://www.dropbox.com/sh/3i81ttxf028m1eh/AAABkQn4Y5w1k-toVhYLasmwa?dl=0
に最新版があります。pop.4-bitの方はr775で止まっていて、音ずれ、fps誤爆が頻発します。
 
Re: L-SMASH Works 
情報ありがとうございます。pop.4-bitさんのサーバの再構築の進捗状況をもう少し見守ってからリンクを変えるか考えてみます。
 


Trackbacks

 
03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

02 03


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017春(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。予算に余裕が有るのであれば、1700Xや1800XでもOK。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS