【Inkscape】久々にInkscapeで遊んでみました【PNG】

解説動画を作るときの、キー操作の説明に便利かなと思ってInkscapeでちょっとした画像を作ってみました。

下の画像はアップ時にサムネイル用の処理がされてしまっているものだけど、リンク先のオリジナル画像はそうした処理がされておらずキーやマウス以外の部分は透明になっているので、保存して何かに利用するならオリジナル画像のほうを保存してください。

ちなみに何に利用してもいいけれど、著作権(笑)は放棄してません。本当はどうでもいいけど、これを放棄してしまうと、だったら自分が著作権者だから他の奴には使わせない!みたいなDQNが湧くこともあるので。一時期、顔文字や絵文字をどこぞに登録して、勝手に使わせない!( ー`дー´)キリッとかやりかけた企業もあったし。

 

g3926g3952g3974g4220g4231g4242

 

g5428g5536g5552

繰り返しますが、もしも、画像を保存するのであれば、このサムネイル画像(↑↓)はオリジナル画像とは異なるので、PCに保存するならリンク先のオリジナル画像に跳んでから画像を保存してください。Windows Live Writerによって立体的に見える処理がされてしまっているので。

 

あと、色彩が乏しくて味気なくない? 色のパターンが欲しいんだけど?という人は下に貼り付けた動画のような感じで使ってもらえれば……。

とりあえずはカラフルにはなるかと。

 

 

AA2012000190

Inkscapeで椅子を作ってみたときのキャプチャーとそのときの簡単な流れ

  1. 参考画像をネットから拾ってくる。
  2. Inkscapeに参考画像を読み込む。
  3. 各『面』毎に四角形や円形を配置する
  4. 四角形や円形のオブジェクトをパスに変換して、参考画像に合わせてトレースする。
  5. 各面毎に部材の色や質感が出るように複製、拡大縮小、ぼかし、透明度を設定。
  6. 形に合わせてグラデーションを配置して、透明度を調整。
  7. それっぽく見えれば完成。

拡大してよく見ると、部分部分に歪みがあって微妙な画像だけど、このくらいの大きさで見ればそこそこ、それっぽく見える。Inkscapeのコツは、面倒臭がらずに各スナップのオン・オフを切り替えること。クリップやマスクなどを使うこと。……なんて大した画像も作れないのに偉そうに言ってみる(笑。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment