【ノートPC】暑い夏、ノートPCを熱から守るためにしたいこと【冷却クーラー】

連休は正に夏本番という感じで暑かったですね。冷房がなかったら……と考えると嫌な汗が出てくる今日この頃です。

ところで、暑くなって人間の調子が悪くなるように機械であるPCも熱くなると調子が悪くなります。思い出すのはまだ爆熱のPentium4が主力だった頃。熱でやられて故障したPCが余りにも多かったためにニュースにもなっていました。そんなわけでPCを故障させないためにも、PCの冷却は非常に重要です。

ちなみにデスクトップですらそうなのだから冷却性に難のあるノートPCでは言わずもがな。小さな筐体に様々な部品を入れているので、空気の通り道も限られていますし、発熱の抑えられた部品を使っているとは言えども、その冷却性能は基本的にデスクトップとは比べ物にならないくらい低いです。

実際、夏になると、膝の上にノートPCを置いての作業が熱すぎてツライ……なんて書き込みが多々あります。熱が篭ってしまっている証拠です。まあ、冬はホッカイロ代わりになりますが……。兎も角、最近は発熱体であるグラフィックボードが普通に載っているノートPCも多い(昔は基本的にオンボード)ので、冷却にはデスクトップ以上に気を遣いたいところです。

 

で、何でこんな話をしているのかというと、自作PCに比べてノートPC(メーカー製のデスクトップもそうですが……)が一個の製品として完結しすぎているからです。自作PCであれば、暑すぎてヤバイ → ファンを増設(交換)しよう、CPUクーラーを冷却性能の高いものにしようといった発想が簡単に出てくるんですが、ノートPCは上でも言ったように一個の製品として完結しすぎているためにそうした発想がなかなか生まれないのか、ノートPCを使っている人にノートPCの冷却を訴えても余り反応が宜しくないのが現状……。

もしかしたら、一個の製品として完結しすぎているからこれ以上、冷やすことができないと思われているのかもしれません。余りPCに詳しくない人だと、『必要以上に熱がこもる → PCが壊れる』という発想そのものがないのかもしれませんが……。

まあ、普通にクーラーの効いた部屋(二十度半ば)で普通の作業をするのであれば、そこまで気を遣う必要はないんですが、暑い部屋でそこそこの作業をするのであれば、やはり気を遣ってやりたいところです。グラボが載っているような機種であれば尚更……。

ノートPCを冷却するためのアクセサリがあることを知る

デスクトップでPCの冷却性能を高めるとしたら、CPUクーラーや各種ファン、熱伝導率の高いグリスを使うといった選択肢になります。しかし、ノートPCの場合は基本的にデスクトップのように筐体を開けてあれこれとすることができない(空きスペース的に)ので、以下のような製品が選択肢になってきます。

これは簡単に説明すると、ノートPCのUSBから電源を取り、この上に乗せたノートPCの下部に風を当ててノートPCを冷やしてやる空冷の台です。機能は製品によって様々ですが、この製品の場合は角度調節が可能で、冷却性能はファンの回転数や大きさに依存します。ファンの回転数を調節できるものもあります。

また、ファンが回転して風を送るので、製品の選択時に冷却性能の他に音(ノイズ)も判断材料になっています。

 

こちらは4個のファンを搭載したものです。以前はそれほど選択肢がなかったのですが、最近は持ち運びに優れた小型のものやこの製品のように冷却性能に重点を置いた製品が色々とあります。

物によっては、ファンの音が気になる場合もあるので、自分の使用方法と要相談となります。ゲーミング・ノートPCでガンガン最新のゲームをするというのであれば、ファンの音を気にするよりも冷却性能を求めたほうが無難です。

これはノートPCの下部(主にCPUやHDD、グラボなどの発熱体の上)に貼り付ける冷却パッドです。ノートPC用の『冷えピタ』といった製品です。

熱伝導率、放熱性が高いので、これを貼ると、貼った部分の熱を効率的に逃がしてくれます。ちなみにこれを貼った上でクーラーパッドを用いて風を送ってやるという使い方のほうがより効果が出るのは間違いないです。

製品の紹介ページによればノートPCの電源やゲーム機、TVなどの発熱部にも使えるようです。

 

これらをデスクトップのパーツに喩えるならば、

クーラーパッド → 各種ファン
冷却パッド → ファンの搭載されていないCPUクーラー、ヒートスプレッダ
クーラーパッド + 冷却パッド → 通常のファン付きのCPUクーラー

といった感じでしょうか。つまりノートPC用のクーラーパッドや冷却パッドを設置するというのは、冷却性能の低いデスクトップPCに各種ファンやCPUクーラーの増設や高性能化を図るといった行為と同じです。

ノートPC用クーラーの売れ筋

色々と製品があるので、そこそこの値段で、そこそこの評価を得ている商品を挙げておきます。

USB接続で、ACアダプタが不要。風向きの調節可。二段階のファンのスピード切り替え。2000~3000円程度。お安いので、とりあえず試してみる……というのであればこれでいいかもしれません。

 

USB接続で、ACアダプタが不要。ON/OFFスイッチあり。無段階ファンコントローラー付き。678個の通気口があり、空気をまんべんなく送ることができる。USBポート*2付き。5500~7000円程度。上の商品に比べると、ちょっとお高いけれど、ON/OFFスイッチや無段階ファンコントローラー付きなのがいい感じです。

 

USB接続で、ACアダプタが不要。USBポート付き。ファンの移動可(位置を自由に動かせる)。無段階ファンコントローラー付き。4000円程度。値段的には、上のふたつのちょうど中間。安くもなく高くもないといったところ。ちなみに下に貼りつけたのは、どういう風にファンを移動させるのかというもの。

20120717064646 20120717064501 
(CoolerMaster ノートPC用クーラー R9-NBC-8PCKJ-GP (NotePal U3 BK)のAmazonの製品紹介ページにある写真のキャプチャーです。ファンの移動、設置の例のようです)

 

個人的には最後の『CoolerMaster ノートPC用クーラー R9-NBC-8PCKJ-GP (NotePal U3 BK)』がオススメです。評価も悪くないし、しっかりとエアフローを確保できそうな構造の上に、ファンの位置を自由に移動させることもできるので、個別のノートPCの発熱部分(製品それぞれに異なる)をピンポイントで冷やすことができて、他のものよりも間違いなく冷却効果が望めます。その他の機能的にも必要とされそうなUSBポートや無段階ファンコントローラーも付いているのも好印象でした。

 

ノートPC用冷却パッドとその使用法について

調べた印象だと、やはりクーラーパッドと一緒に買い、相乗効果を狙っている人が多いようです。というか、クーラーパッドのような製品と一緒に使ってこそのものなので、当然かもしれませんが……。

製品的には高評価、低評価様々といったレビューで、評価のみを選定基準にすると、迷わされるかもしれません。ただ、評価の低いレビューも読んだ印象だと、評価の低い人達は製品を貼り付けただけで机の上に直に置いている(隙間がなく放熱先がない。素の空気すら当たらずに熱が篭りやすい)ような状態で使用していると思われる人が多そうでした(汗。

確かに貼るだけで効果が……と謳っているのでそれだけで効果が望めるように勘違いしがちですが、それなりの効果を期待するのであれば、やはり放熱しやすい環境作りも必要です。特にこれをノートPCの裏面(底)に貼るときは。

 

上でこれらの製品をデスクトップPCのパーツに喩えましたが、これを貼ったものを机の上に直に置く状況は、キューブPCでファン無しのグラボ(ヒートスプレッダのみ)をコード類でぎっしり詰まった空きスペースのない状態で使っているようなものです。正直、そりゃあ幾ら何でも冷えないだろう……と誰でも思われるはず。

ちなみにノートPC → 冷却パッド → A(この場合は空気や机)と熱を移動させたい(冷やしたい)ならば、それぞれの温度は必ずノートPC >> 冷却パッド >> Aでなければダメです。仮にA >> 冷却パッド >> ノートPCという温度であった場合、熱はノートPC ← 冷却パッド ← Aという感じに熱が移動して加熱状態となってしまいます。また温度差がない場合も熱の移動がほとんど起こらない、ということがイメージできるはずです。

で、ノートPCを直に置いた机は、まずノートPCや冷却パッドよりも冷たいのか? また、放熱性が高いのか?

答えは、たぶんノートPCを使い始めた直後の机はノートPCや冷却パッドよりも温度は低いはず。けれど、十分二十分経ったときはどうかというと、机は放熱が悪いのでほとんど冷却パッドと変わらない温度、つまり熱の移動が起こらない状態、冷却パッドが冷えない状態になっているはずです。

そんな状態で冷却パッドを貼り付けても、残念ながら効果はほとんど出ません。

 

それでは、効率的にどうすれば冷やせばいいのかといえば、極端な喩えではあるけれど、Aに冷凍庫のそこに敷かれているような、指で触れると、凍りついて指先が貼り付いてしまうほどの冷たい金属板を用いればいいわけです。これならば間違いなく冷却パッド、ノートPCが冷えます。(あくまでも感覚的な喩え話)

ただそんなものを用意するのは無理なので、ノートPCや冷却パッドよりも温度の低い空気の層に熱を逃がすようにしましょうとか、上で紹介したようなノートPC用のクーラーを使って風を当てましょうとかそういう話になるわけです。

ちなみに風は、風速1メートルで体感温度が一度下がるとか、夜、扇風機を直に当て続けたまま寝てしまうと、体温を奪われすぎて危険というような話でも知られるように効果的に熱を奪ってくれます。どんなに熱くても冷却パッド近くの空気の温度が五十度、六十度となることはないはず(篭っていなければ)なので、仮にクーラーパッドを使わなくてもある程度の空気の層さえ作ってやれば、冷却パッドが近接する空気によってある程度は冷えることになります。

なので、クーラーパッドを使わない場合も、こんな感じの薄いゴム板(↑のこれは厚すぎる)のようなものでいいので、ノートPCの四隅(中央を入れれば六隅?)に設置して、ノートPCの底に放熱に必要な空間(空気の層)を作ってやると、多少の効果が望めるはずです。

まとめ

  • ノートPCは気温や室温、高負荷の処理をする場合は冷却が必要になる場合がある。
  • 発熱量の多いグラボ搭載のものだと、冷却の必要性は高まる。
  • 高負荷のゲームなどをするときは余計に。

ノートPCを簡単に冷却できるアクセサリは

  • ノートPC用クーラー
  • 冷却パッド

の2つ(一部のパーツ交換など、この他に方法がないわけではないけど大変なので)。

  • ノートPC用クーラーは製品によって機能が異なるので、使用環境(冷却性重視なのか静音性重視なのか携帯性重視なのか等)に合わせたものを選択する必要がある。
  • 冷却パッドはただノートPCの裏面に貼るだけだと効果が薄く、少なくとも最低限の放熱のための空間(空気の層)が必要。
  • 冷却パッドはノートPC用クーラーとの併用が望ましいし、そのほうがより一層の冷却効果を望める。

 

 

個人的にはこの組み合わせがオススメ。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment