【PCパーツ】2980円のアクティブ型Display Port変換ケーブル発売【玄人志向】

玄人志向からAMD Eyefinityへの対応を謳うアクティブ型Display Port変換ケーブル2モデル「DP-DVI/A」と「DP-HDMI/A」が2980円で発売らしい。少し安くなった! でも、まだまだ高い! そう思うのはΨ(`∀´)Ψケケケだけですかね?

そういえば昔のHDMIケーブルなんかも、発売当初はえらく高くて(やっぱり4kとかした)、こんなの誰が買うんだよwwとか思っていました。現在は普及が進み、千円弱で購入できるようになりました。なので、Ψ(`∀´)ΨケケケもHDMIケーブルを一本所有しています。ちなみにHDMI→DVI変換ケーブルなんてものも……。

ちなみにDisplay Portって何?という人は、DisplayPort – Wikipediaを参考にしてください。面倒臭いという人は、PCとディスプレイ(モニタ)を繫ぐ接続ケーブル端子の新規格とでも覚えておいてくれればおk。最近のM/Bやグラボ、モニタには大抵HDMI*1、DVI*1、Display Port*1……といった感じで搭載済み。

AMD Eyefinityについては、一般ユーザー向けAMD Eyefinityテクノロジーを参考に。簡単に説明すると、上手くやれば、1つのGPUで6画面の同時出力できるよ!という技術です。まあ、正確にはグラボの性能によって3~6画面(ローエンド~ハイエンド)という具合だし、1基のグラボから3枚以上の画面を表示させるときは、必ず1系統はDisplay Portからの出力が必須になる。※

兎も角、Display Portを利用するためにはDisplay Port用のケーブルが必要で、Display Portのないモニタに出力したいときには、この記事のタイトルや下記のような商品を使ってモニタの入力規格に合わせて変換してやらないとダメ。今後、モニタやグラボを選ぶ時のひとつの基準として覚えておくと、買い物に失敗しないかも……。

 

 


DVI + HDMI → OK
HDMI + VGA → OK
……
DVI + HDMI + VGA → NG
DVI + DVI + HDMI → NG
DVI + HDMI + Display Port → OK

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment